大学パンフ

掲載をご検討されている大学・予備校様へ

この度は、当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

年々増加する高校生のスマートフォン所持率(現在は7割の高校生が所持していると言われております)に伴い、全国の大学で広報活動を見直し、スマートフォン対策に力を入れる大学が増えております。

当アプリは、受験生向けの情報アプリとなっており、各大学の大学案内の掲載を中心に、資料請求やイベント・入試カレンダーといった便利な機能を備えております。

また、掲載大学のラインナップにもこだわりを持っており、国立大学をはじめ、全国の有名な大学はほとんど掲載させていただき、それぞれ広報活動にご活用いただいております。

以下の内容は当アプリの掲載大学・予備校向けの情報になっております。ご参考にしていただければ幸いです。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。

どのようなユーザー層に利用されているのか?

大学パンフアプリのユーザー層

大学パンフのコアターゲットである高校生が75%です。そのうちの約7割が高校1、2年生に利用されており、高校3年間を通して長期的に利用される傾向にあります。

大学パンフアプリのユーザー層

大学パンフアプリの地域別ユーザー層

地域別では、以下のような分布になります。関東に偏っているように見えますが、人口比率やスマートフォンの普及率、また進学率から考えても決して低い数値ではありません。

大学パンフアプリの地域別ユーザー層

期間:2011年9月13日~2014年6月16日

掲載大学には毎月レポートをお送りいたします

大学パンフへ掲載いただいている各大学様には、毎月初めにダウンロードレポートとして、前月のパンフレット閲覧数や資料請求・願書請求数、動画閲覧数、イベント・入試カレンダー登録人数といった情報を提供しております。

本来の広告媒体とは違い、実際にどれくらいの人に閲覧され受験につながっているのか効果を測定することができます。

FAQ

実際、運営が大変そうなのですが…
掲載いただいてからの貴学の情報の更新はすべて弊社で行っております。例えばカレンダーの内容の更新などは貴学公式ホームページに記載されている内容を随時確認し、最新のものに致します。初めの掲載の際に、大学案内のPDFデータと登録シートのみご用意いただければあとはすべて弊社にお任せください。
iPhoneでは画面が小さく見づらいのでは?
「拡大・縮小」の他に「テキストのみ」の表示機能やサムネイル(一覧表示)機能、目次からのジャンプ機能などがあります。指で直感的に操作できるため、PC上で見るデジタルパンフレットに比べ、格段に見やすいものとなっております。
※アプリから紙の資料請求も可能です(オプション機能)

アプリ自体のプロモーションはどのように行うのですか?
全国進学高校にご協力いただき直接高校生にリーチしております。
今春は全国約500校の進学高校にアプリ紹介用チラシの配布・設置・掲示をして頂きました。
パンフレット内で学生の個人情報を記載しています。誹謗中傷を避けるためWEBなどでの公開は避けているのですが・・・
写真部分の削除や氏名部分のイニシャル表示、一部分のみの掲載など、電子データの加工が可能です。
掲載をしたいがパンフレットのデータを学外に持ち出せないのですが・・・
冊子でいただければ、当方にてスキャンし掲載させていただきます。
※ただし、スキャン時に裏面が透けてしまう可能性があります。

PAGE TOP