鹿児島大学 大学案内2018
65/80

Volunteer activitiesボランティア活動鹿児島大学では、様々な団体がボランティア活動を行っています。災害ボランティアの取り組み学内ボランティア団体支援の取り組み 鹿児島大学では、平成19年に制定した鹿児島大学憲章のなかで教育目標を「鹿児島大学は、学生の潜在能力の発見と適性の開花に努め、幅広い教養教育と高度な専門教育を行うとともに、地域の特性を活かした進取の気風を養う。」と定めました。 この目標を具現化する取り組みとして、平成20年度を「ボランティア元年」と位置づけ、座学と活動実習を組み合わせた共通教育科目「ボランティア論」を開講し、更に鹿児島大学ボランティア支援センターが設置されました。共通教育科目のボランティア関連科目については、「ピアカウンセリング入門」や「社会人としての救急処置入門」、「手話入門」等を開講しています。災害ボランティア活動を行った学生を支援ボランティア支援センターでは、平成23年度から、自然災害により被災した地域の救援・復旧のためのボランティア活動に参加する学生に対して、経済的支援として活動費の一部助成を行っており、学生がボランティア活動に参加しやすい環境を整えて支援しています。この制度を活用し、東日本大震災後に各地で災害支援のボランティア活動に従事した学生は、平成29年3月末で延べ366名になりました。福島大学の教員を招いて災害ボランティア講演会を開催ボランティア支援センターでは、学生ボランティア活動支援事業の一環として、平成28年1月に「災害ボランティアにチャレンジ」と題して福島大学ボランティアセンターの鈴木教授を講師に招いて、講演会を開催しました。東日本大震災後の復興地の現状や、復興のためにボランティアとして何が求められているのかなどについて講演して頂き、福島大学と鹿児島大学での災害ボランティアの取り組みについて、参加した学生・教職員による活発な意見交換がなされました。ボランティア団体紹介会及びボランティア団体交流会を開催学内のボランティア団体間の絆を深めるため、年2回、ボランティア団体紹介会(4月)とボランティア団体交流会(1月)を開催しています。これらは、ボランティア団体に所属する学生が中心となって企画・運営され、毎回多数の参加者があります。本会は、本学におけるボランティア活動の実情を通じて、現状の問題点や今後の展望について考える場となっており、ボランティア活動の啓発・普及に貢献しています。ボランティア支援センターは、ボランティアに参加したい人やボランティアを始めたいけど何から始めていいのか分からない人もサポートします。詳しくは、鹿児島大学ボランティア支援センターのホームページ(https://www.kagoshima-u.ac.jp/volunt/)に掲載してあります。エコキャップボランティア限界集落支援ボランティア学内自転車防犯ボランティアキャンパスクリーンボランティア64KAGOSHIMA UNIVERSITY 2018

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る