鹿児島大学 大学案内2018
56/80

さらなる研究と創造へGRADUATESCHOOL大学院時代の最先端に位置する高度な教育・研究機関として、鹿児島大学大学院は社会に広く貢献していきます。55KAGOSHIMA UNIVERSITY 2018人文社会科学研究科博士前期課程法学専攻経済社会システム専攻人間環境文化論専攻国際総合文化論専攻本研究科では、少子高齢化・情報化・国際化・経済構造の変化・いじめの増加・頻発する法的紛争などの多様な社会問題の解決を目指した実践的な教育を行うために、教育スタッフを数多く配置しています。特に、地域のニーズに根ざした、政策立案やプロジェクト企画、産業活動と地域の活性化、南九州とアジア諸国との国際協力のあり方、自然・文化・歴史的環境と人間活動の相互作用の解明と文化的発展、人間関係の客観的理解と応用を行うことのできる高度専門職業人の養成を目指しています。博士後期課程地域政策科学専攻本専攻では、地域政策・文化政策・島嶼政策に対する分析能力を在学中に修得し、地域の実情を踏まえて問題を解決する実務型の思考能力を身につけることを目標としています。ひとつの課題を学生グループが共同で調査研究して問題解決に向かう「プロジェクト研究」という新しい手法での研究も取り入れ、3年間で博士(学術)の学位取得を目指します。①自治体の地域政策に関連する責任者への道、②NPO、NGOで活躍するスタッフヘの道、③シンクタンクなどの政策研究のプロフェッショナルヘの道、④企業内でのキャリアアップなど、博士課程修了後の活躍の場が広がっています。理工学研究科博士前期課程機械工学専攻電気電子工学専攻建築学専攻化学生命・化学工学専攻海洋土木工学専攻情報生体システム工学専攻数理情報科学専攻物理・宇宙専攻生命化学専攻地球環境科学専攻博士後期課程総合理工学専攻博士前期課程には工学系専攻と理学系専攻があります。科学技術の高度化と多様化に対応して理工学系学問と教育がますます専門化していく一方、新しい境界領域と学際領域が開拓され科学技術の総合化が進んでいます。工学系専攻は、これに幅広く柔軟に対応できる工学技術者や研究者を養成します。一方理学系専攻では自然科学の基礎を担う研究教育を広い視野で行って、人間生活をとりまく自然について総合的な知識を持ち、深刻な環境問題に対応できる人材の養成を目指しています。前期課程修了後さらに学問を究めるためには、後期課程への進学をお願いします。保健学研究科保健学専攻博士前期課程看護学領域基礎看護・地域看護学分野臨床看護学分野理学療法・作業療法学領域理学療法学分野作業療法学分野博士後期課程保健看護学分野神経運動障害基礎学分野臨床精神神経障害学分野大学院保健学研究科は、看護学、理学療法学及び作業療法学の各分野において優れた専門知識をもつ高度専門職業人と教育研究者の育成、即ち、保健、医療技術の進歩に対応できる看護師、理学・作業療法士などの育成を目的としています。具体的には、医療機関の専門領域での指導や管理あるいは教育機関での質の高い教育や独自の研究が展開できる人材を育成します。定員は博士前期課程22人、博士後期課程6人で、昼夜開講で社会人も可能です。なお、平成24年度には放射線看護専門コース(定員2人)を、平成26年度には助産学コース(定員7人:昼間開講)を博士前期課程(看護学領域)に設置し、教育を行っています。教育学研究科修士課程教育実践総合専攻専門職学位課程学校教育実践高度化専攻教育実践総合専攻では、教科や学問分野より広範な単位である学修コースにおいて、視野の広い教員等の人材を養成するとともに、各教科内容領域において、学生が個々の関心に基づく研究・研鑽を行い、教員等各分野の専門家としての力量を向上させます。また、平成29年度から開設された学校教育実践高度化専攻(教職大学院)では、学校教育の現状や課題を俯瞰・分析できる資質と、地域の特性を活かしてそれらの課題を具体的に解決するための実践力を養成し、省察を繰り返しながら、他者と協働して活躍できる高度な教育専門職としての初等中等教育教員を養成します。さらなる研究と創造へGRADUATESCHOOL大学院時代の最先端に位置する高度な教育・研究機関として、鹿児島大学大学院は社会に広く貢献していきます。55KAGOSHIMA UNIVERSITY 2018

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る