鹿児島大学 大学案内2017
39/74

農業生産から流通まで一貫して学ぶことができる、そして潤いのある豊かな生活の基盤造りに貢献する人材を育成する学科です。1年次においては、導入科目としての各種概論、農場実習を通して農業の基本を学びます。2年進級時には、応用植物科学コース、畜産科学コース、食料農業経済学コースに分かれます。命をつなぎ社会をつなぐ学科の概要アドミッション・ポリシー農業生産科学科の特色共同獣医学部水産学部農学部工学部歯学部医学部理学部教育学部法文学部共通教育38KAGOSHIMA UNIVERSITY 2017主な学びの分野作物形態、熱帯作物、作物の多様性、作物の育種、果樹の生理、野菜の育種、花の細胞工学、害虫の防除家畜の繁殖、家畜の遺伝子、家畜の行動、畜産物利用、農業環境政策、国際流通、アグリビジネス農業生産科学科│農学部私の仕事内容は、主に現場の花き農家の所得向上を目的とした栽培技術指導、産地づくりです。産地背景や人を理解したうえで、誰を動かせば、何を示せば産地が変わり、農家所得が向上するか、常に考え、行動する仕事です。今後は、行政や研究の経験も積み、様々な立場から現場の役に立ちたいです。鹿児島大学では、同じ志を持つ仲間に恵まれ、本当に楽しく夢のような4年間を過ごせました。今は皆、他県で働いていますが、時々会いに行ったりしながら今でも親交が続いています。また、現在の職場の上司とも、大学3年次のインターンシップで知り合い、私の人生が大きく変わりました。高校生や社会人の時はできなくても、「大学生」だからできることはたくさんあります。「大学生」の強みを活かして、研究や勉強、バイト、サークル活動等いろんな経験を積んでください。そして、「人」との出会いを大切にしてください。なんでもない「人」との出会いが、あなたの人生の転機となるかもしれません。熊本県県央広域本部農業普及・振興課松野 佑哉平成22年度卒業熊本県立第二高等学校出身大学生活を大いに楽しみ、「人との出会い」を大切にしてください!Real Voice卒業生の声共通教育による基礎的な教育1年次2年次進級時に3コースへ2年次農業生産科学科では、農作物や家畜を対象とした遺伝、生理、生態などの基礎的な科目から育種、栽培・飼養技術、害虫制御、生産から流通に至る経営経済などの応用的な科目まで幅広く習得できるようになっています。基礎から応用まで幅広い分野を農業生産科学科は、日本の主要な農業生産地帯である南九州を教育の場とし、農作物や家畜の生産、管理、利用、流通の発展に貢献できる人材の育成を教育目標にしています。56英語、理科、数学の十分な基礎学力を備えている人植物の栽培、動物の飼育、生物・化学実験もしくは調査に意欲のある人農畜産物の生産・流通・消費に関心を持つ人農村地域や農村社会に関心を持つ人農作物や家畜の生産に関わる新技術やバイオテクノロジーに関心を持つ人海外の農畜産業に関心を持つ人1234農業生産科学科の求める人材像◎中学校教諭一種免許状(理科) ◎高等学校教諭一種免許状(農業,理科)◎家畜人工授精師(受精卵移植も含む。)(畜産科学) ◎学芸員(任用資格)取得可能な資格応用植物科学コース 東アジアに位置する南国の温暖な気候を活かした農・園芸作物生産の基礎知識・技術・理論の習得を通して、実践的で応用力を備えた人材を養成するために、多様な栽培方法や病害虫防除法、また、植物の遺伝的改良について深く学び、専門的知見を向上させる。さらに、地球温暖化等の環境の変化に起因する様々な農業生産上の問題を解決するために、指導的役割を果たし得る広い視野と国際性を持った人材を養成します。主な専門教科科目応用植物科学概論畜産科学コース 日本有数の畜産地帯である南九州において、家畜の改良、繁殖、行動・飼養管理、生体機構、栄養生理、畜産物利用等に関する教育を行い、効率的で持続可能な家畜の生産から安全・安心で付加価値の高い畜産物の開発に関する知識と技術を備えつつ、畜産学の進歩、地域農業の振興、国産畜産物の競争力強化に貢献できる人材を育成する。主な専門教科科目畜産科学概論食料農業経済学コース グローバル化が進む食料・農業・農村の問題について、社会科学的な手法による実践的な教育を行い、食料・農業問題、地域振興およびアグリビジネスに関する高度な知識を備えた地域リーダー、政策立案者、アグリビジネス従事者を育成する。主な専門教科科目農業と社会卒業後の進路◎農林水産省 ◎県庁 ◎市役所 ◎教員◎農業関係機関・団体公務員農業関係アグリビジネス食品関係環境アセス関係薬品関係化学関係商 社大学院進学農業生産から流通まで一貫して学ぶことができる、そして潤いのある豊かな生活の基盤造りに貢献する人材を育成する学科です。1年次においては、導入科目としての各種概論、農場実習を通して農業の基本を学びます。2年進級時には、応用植物科学コース、畜産科学コース、食料農業経済学コースに分かれます。命をつなぎ社会をつなぐ学科の概要アドミッション・ポリシー農業生産科学科の特色共同獣医学部水産学部農学部工学部歯学部医学部理学部教育学部法文学部共通教育38KAGOSHIMA UNIVERSITY 2017主な学びの分野作物形態、熱帯作物、作物の多様性、作物の育種、果樹の生理、野菜の育種、花の細胞工学、害虫の防除家畜の繁殖、家畜の遺伝子、家畜の行動、畜産物利用、農業環境政策、国際流通、アグリビジネス農業生産科学科│農学部私の仕事内容は、主に現場の花き農家の所得向上を目的とした栽培技術指導、産地づくりです。産地背景や人を理解したうえで、誰を動かせば、何を示せば産地が変わり、農家所得が向上するか、常に考え、行動する仕事です。今後は、行政や研究の経験も積み、様々な立場から現場の役に立ちたいです。鹿児島大学では、同じ志を持つ仲間に恵まれ、本当に楽しく夢のような4年間を過ごせました。今は皆、他県で働いていますが、時々会いに行ったりしながら今でも親交が続いています。また、現在の職場の上司とも、大学3年次のインターンシップで知り合い、私の人生が大きく変わりました。高校生や社会人の時はできなくても、「大学生」だからできることはたくさんあります。「大学生」の強みを活かして、研究や勉強、バイト、サークル活動等いろんな経験を積んでください。そして、「人」との出会いを大切にしてください。なんでもない「人」との出会いが、あなたの人生の転機となるかもしれません。熊本県県央広域本部農業普及・振興課松野 佑哉平成22年度卒業熊本県立第二高等学校出身大学生活を大いに楽しみ、「人との出会い」を大切にしてください!Real Voice卒業生の声共通教育による基礎的な教育1年次2年次進級時に3コースへ2年次農業生産科学科では、農作物や家畜を対象とした遺伝、生理、生態などの基礎的な科目から育種、栽培・飼養技術、害虫制御、生産から流通に至る経営経済などの応用的な科目まで幅広く習得できるようになっています。基礎から応用まで幅広い分野を農業生産科学科は、日本の主要な農業生産地帯である南九州を教育の場とし、農作物や家畜の生産、管理、利用、流通の発展に貢献できる人材の育成を教育目標にしています。56英語、理科、数学の十分な基礎学力を備えている人植物の栽培、動物の飼育、生物・化学実験もしくは調査に意欲のある人農畜産物の生産・流通・消費に関心を持つ人農村地域や農村社会に関心を持つ人農作物や家畜の生産に関わる新技術やバイオテクノロジーに関心を持つ人海外の農畜産業に関心を持つ人1234農業生産科学科の求める人材像◎中学校教諭一種免許状(理科) ◎高等学校教諭一種免許状(農業,理科)◎家畜人工授精師(受精卵移植も含む。)(畜産科学) ◎学芸員(任用資格)取得可能な資格応用植物科学コース 東アジアに位置する南国の温暖な気候を活かした農・園芸作物生産の基礎知識・技術・理論の習得を通して、実践的で応用力を備えた人材を養成するために、多様な栽培方法や病害虫防除法、また、植物の遺伝的改良について深く学び、専門的知見を向上させる。さらに、地球温暖化等の環境の変化に起因する様々な農業生産上の問題を解決するために、指導的役割を果たし得る広い視野と国際性を持った人材を養成します。主な専門教科科目応用植物科学概論畜産科学コース 日本有数の畜産地帯である南九州において、家畜の改良、繁殖、行動・飼養管理、生体機構、栄養生理、畜産物利用等に関する教育を行い、効率的で持続可能な家畜の生産から安全・安心で付加価値の高い畜産物の開発に関する知識と技術を備えつつ、畜産学の進歩、地域農業の振興、国産畜産物の競争力強化に貢献できる人材を育成する。主な専門教科科目畜産科学概論食料農業経済学コース グローバル化が進む食料・農業・農村の問題について、社会科学的な手法による実践的な教育を行い、食料・農業問題、地域振興およびアグリビジネスに関する高度な知識を備えた地域リーダー、政策立案者、アグリビジネス従事者を育成する。主な専門教科科目農業と社会卒業後の進路◎農林水産省 ◎県庁 ◎市役所 ◎教員◎農業関係機関・団体公務員農業関係アグリビジネス食品関係環境アセス関係薬品関係化学関係商 社大学院進学

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です