鹿児島大学 大学案内2018
34/80

33KAGOSHIMA UNIVERSITY 2018建築とは人間が活動するすべての空間を秩序付けて創り出す総括的な技術を意味します。文明の発祥以来、美しく快適で安全な建物を造る技術が開発されて来ていますが、社会、生活、文化の変遷と共に建築に求められるものは絶えず変化しています。近年では、地球の生態系の中で建築を位置付ける新しい技術の整備が必要となっています。本学科は、人類の建築文化の遺産を継承し、地球環境の保全に配慮しながら現代の科学技術を総合的に利用して、建築空間と生活環境の創造に貢献できる人材を育成します。建築技術を構成する建築設計、建築構造、建築環境・設備および建築生産に関する基礎学力を修得し、技術の進歩に幅広く対応できる柔軟な自主的学習能力を身に付け、高い倫理観のもとにそれらを総合的に応用できる問題解決能力を発揮し、建築界の技術の中核的な担い手として活躍できる建設技術者*を養成します。また、国際的な舞台で活躍できる人材を育成するため、海外の大学との交流も盛んに行っています。 建築設計・計画分野では地域での実践活動を通して、様々な用途の建築の設計やデザインに関する方法論、都市の景観整備や歴史的環境の保全、住環境整備などに関する研究を、建築構造・材料分野では構造力学、荷重評価、構造性能評定、構造最適化、地震動の特性と地震災害、建築材料工学、建築構法に関する研究を、建築環境分野では温熱や光に関する居住環境、空気質に関する室内環境、建築設備に関する研究を行っています。※建築学科の教育プログラムは2006年度より日本技術者教育認定機構(JABEE)に認定されています。卒業後の進路◎大林組 ◎鹿島建設 ◎清水建設 ◎竹中工務店◎大成建設 ◎戸田建設 ◎奥村組 ◎錢高組 ◎鉄建建設◎東急建設 ◎西松建設 ◎東レ建設 ◎前田建設工業◎谷川建設 ◎徳栄建設 ◎三井住友建設 ◎日建設計◎梓設計 ◎NTTファシリティーズ ◎東条設計◎安井建築設計事務所 ◎プラナス株式会社 ◎JEF設計◎RIA ◎NAP建築設計事務所 ◎プラナス株式会社◎UID一級建築士事務所 ◎武田建築事務所 ◎YKK AP◎LIXIL ◎サンゲツ ◎ベガハウス ◎一条工務店◎MBC開発 ◎大和ハウス工業 ◎旭化成ホームズ◎積水ハウス ◎パナホーム ◎三洋ハウス ◎丹青社◎高砂熱学工業 ◎新菱冷熱工業 ◎ダイキン工業 ◎九電工◎大東建託 ◎官公庁 ◎大学院進学“環境”を切り口に、より良い建物のデザインや造り方を考える、2016年に発足した新しい研究室です。我々はさまざまな環境の中で生活をしていますが、近年、地球環境と建物との関係は重要なテーマとなっています。そのような背景の中、本研究室では建物に関する環境的課題について、材料や資源の視点を含め横断的に取り組みます。基礎的な知見を集積し、設計や建設の実務に活かせる研究活動を目指します。2016年は、小学生に建築を教える「こどもの建築学校」や、実際の建物の設計、夏休みを利用した海外研修など、研究活動以外にも学生と一緒にいろいろな事に取り組みました。研究テーマ新しい木質材料・構法の研究、木質資源の定量化に関する研究、建物の環境評価に関する研究、伝統的な建物の環境性能に関する研究建築学科理工学域工学系建築学専攻准教授鷹野 敦建築は「工学」と「芸術」を横断して我々の生活環境を考える壮大でやりがいのある学問です工学部研究室レポート後輩に対してメッセージをどうぞ!建築学科では、建築を通して人と人との繋がりとはという問題を社会学的な視点から考え、地震などの震災にも耐える建築を工学的な視点で学びます。鹿児島大学には、こうした幅広い学問を学ぶ機会があり、熱心な先生方による、懇切丁寧な指導・助言をしてもらえる環境が整っています。私は、これまでの学生生活のなか、本間俊雄教授から多くの助言を頂き、交換留学生としてシドニー工科大学で建築を学ぶことが出来ました。そして、鹿児島大学での沢山の人との出会いがあったからこそ、何事にも挑戦できる今があると確信しています。これまでの自信を糧に将来、鹿児島から世界を先導していく建築士を目指しています。これまでの自信を糧に将来、鹿児島から世界を先導していく建築士として社会に貢献したいです。鹿児島大学での沢山の出会いに感謝!理工学研究科 建築学専攻 大学院生平 知紘 平成27年度卒業福岡県福岡大学附属大濠高等学校出身Real Voice卒業生の声教育・研究の特色◎二級建築士(受験資格) ◎一級建築士(受験資格:2年間の実務経験後)◎1級建築施工管理技士(受験資格:3年間の実務経験後) ほか取得可能な資格学術・技術・芸術を融合し、人々に快適な空間を創る主な学びの分野建築設計、建築計画、建築環境、建築設備、建築構造、建築材料、建築生産建築学科│

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る