鹿児島大学 大学案内2019
19/80

学部の特色学部の理念アドミッション・ポリシー施設・環境自然科学の深い専門知識と幅広い素養、論理的思考を身に付け、複合的な学問領域に柔軟に対応できる人材を育成。◎南九州で唯一の基礎自然科学系の学部◎充実した教育環境と施設◎地域や海外とも連携した活発な共同研究「理学」は、自然現象の中に潜む真理を探究する学問であり、そこで明らかにされた自然法則は人類の英知や文化の中に蓄積され、科学技術の発展を支えてきました。こうして現代社会は豊かなものになりましたが、豊かさの裏では環境やエネルギーなどに関する新たな課題も生じました。このような問題を解決するためにも、真理の探究と共に、物事の原理を基礎から理解する「理学」のさらなる進展は不可欠です。鹿児島大学理学部は南九州という自然に恵まれた地理的特色を生かしながら、基礎科学を中心とする自然科学の最新の教育・研究を進めます。▲理学部棟▲VERA 入来観測局(農学部入来牧場内)▲分光解析装置理学部ではAO入試を実施研究の高度化と多様化の流れに適応できるような人材を求め、数理情報科学科、物理科学科、生命化学科はAO入試を行っています。それぞれの学科のアドミッション・ポリシーのもとに、従来の選抜とは異なった観点で、総合的な評価により意欲的な学生を求めています。理学部学生が文部科学省主催第7回サイエンス・インカレで奨励表彰を受賞文部科学省主催第7回サイエンス・インカレ(3月3日・4日:立教大学池袋キャンパス)において、本学理学部生命科学科の金丸愛望さんが研究テーマ「ホタルの発光でお口の健康を守る!!」で、口頭発表部門サイエンス・インカレ奨励表彰を受賞しました。今年度の応募総数267件の中、事前の書類審査で口頭発表部門(数物・化学系)の10件に選ばれ、口頭発表と質疑応答による最終選考で本賞を受賞しました。アドミッション・ポリシー数学と理科の基礎学力をもつ人自然と数理に対する強い探究心をもつ人広い視野をもつ人粘り強く考えることができる人自然科学分野における実験や野外観察が好きな人理学部の中心的な建物は平成14年度に全面改築され、学生・教員の交流や、自習の場として多目的に利用できるコモンスペースが広く取られました。また、空調などの設備も一新され、快適な講義・実験室が整備されています。理学部 Faculty of Science18KAGOSHIMA UNIVERSITY 2019共同獣医学部水産学部農学部工学部歯学部医学部理学部教育学部法文学部共通教育【サイエンス・インカレ】鹿児島大学理学部では、理数分野に強い学習意欲と基礎学力のある学生を対象とした特別な教育プログラム「理学部理数教育特別プログラム」を実施してきており、このプログラムでは、通常の専門教育以外にサイエンスクラブ活動(1年生から3年生を対象とする課外研究活動)を受講することができ、その活動で得た研究成果を文部科学省が主催する「サイエンス・インカレ」で発表しています。この企画は、学生の能力 ・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的に、自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う場として、平成23年度から開催しているものです。PickupPickup

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る