駒澤大学 大学案内2019
87/92

Scholarship学生の状況や目的に合わせた、さまざまな奨学金制度を用意しています 奨学金各種奨学金制度一覧 駒澤大学では、独自の学内奨学金をはじめ、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体・民間団体奨学金などを取り扱っており、多くの学生が利用しています。各種奨学金を有効に活用して、充実した学生生活を過ごしてください。各種奨学金制度名称種類概要金額採用期間2017年度の奨学生数学内奨学金百周年記念奨学金給付経済的理由により修学が困難と認められる者月額2万円(総額24万円)単年度採用50人駒澤会奨学金給付学部2年次生以上で、前年度までの学業成績が優秀である者年額20万円一括支給単年度採用20人教育後援会奨学金(家計)給付経済的理由により修学が困難と認められる者年額20万円一括支給単年度採用75人教育後援会奨学金(留学生)私費により留学している者(留学生)10人教育後援会奨学金(成績)学部2年次生以上で、前年度までの学業成績が優秀である者71人同窓会教育研究活動奨学金給付百周年記念奨学金・教育後援会奨学金(家計・留学生)に出願し選考で対象外になった者で経済的困窮度の高い者(留学生については、別途選考)年額15万円 一括支給(大学院生)単年度採用10人年額10万円 一括支給(学部生)115人年額10万円 一括支給(私費外国人留学生)20人教育ローン利子補給奨学金 ※1給付提携金融機関の教育ローンを利用した者(ただし、利用初年度とする)利用初年度の利子相当額(利率7%上限)単年度採用2人新人の英知(入試特待生)奨学金給付一般入学試験2月T方式(グローバル・メディア・スタディーズ学部はS方式)で受験し極めて優秀な成績で合格した者授業料相当額を前期・後期分割支給最短修業年限(成績により継続可)54人全学部統一日程入学試験奨学金給付2月実施の全学部統一日程入学試験で受験し、上位200名以内の得点で合格した者年間30万円を前期・後期分割支給最短修業年限(成績により継続可)29人学外奨学金日本学生支援機構第一種奨学金貸与(無利子)第一種(無利子)と、第二種(有利子)があり、学業成績が優れ、経済的に困難な者を大学が推薦し、日本学生支援機構が審査して採用する大学院修士法科50,000円・88,000円から選択38人博士80,000円・122,000円から選択学部自宅30,000円・54,000円から選択1,759人自宅外30,000円・54,000円・64,000円から選択日本学生支援機構第二種奨学金貸与(有利子)大学院50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から選択7人学部30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円から選択2,806人日本学生支援機構給付奨学金【新制度】給付高等学校長等に認められた人が推薦され、日本学生支援機構が審査して採用する14人地方公共団体・民間団体奨学金貸与・給付都道府県・市区町村・民間団体などが、それぞれ独自の方針で実施している金額は各団体によって異なる最短修業年限(成績により継続可)60人曹洞宗育英会奨学金貸与学部・大学院で曹洞宗の僧籍を有し、学業成績が優秀で学資の支弁が困難と認められた者月額3万円最短修業年限3人曹洞宗奨学金給付1. 大学院仏教学専攻、仏教学部の学生で曹洞宗の僧籍を有する者2. 仏教専修科在籍者年額10万円最短修業年限207人※1 2019年度採用をもって募集を停止する予定です。85KOMANABI 2019

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る