駒澤大学 大学案内2017
86/156

085企業の経営には、大きく分けると二通りのやり方があります。一つは、商品やサービスの企画・開発から、製造、販売、アフターサービスまでのすべてを自社でまかなう方法。もう一つは、それらの工程の一部を外部に発注し、連携しながら価値を生み出していく方法です。前者は情報や知識がすばやく共有されるため、市場の声を商品に反映しやすく、最近ではアパレル業界でこの方法をとる企業が伸びてきています。これに対して後者には、自社に限らず、さまざまな立場からアイデアを得られるというメリットがあり、自動車やIT業界の多くはこの方法をとっています。この二つは正反対に見えますが、どちらにもイノベーションを起こす仕組みがあり、成功している企業はそれをうまく活用しています。イノベーションとは、新しいものを採り入れてより良い商品や組織をつくっていくこと、と言い換えてもいいでしょう。現状に満足することなく、常に学習し、変化し続けるものが成功をつかむ。その点は企業も人もいっしょなのかもしれませんね。市場戦略学科市場戦略学科のその他の演習(ゼミ)テーマもCheck!P.087◆消費者行動からみる女性の美容や健康の商品購買◆電子書籍の現状と将来性に関する一考察:市場戦略の観点から◆若者のビール離れに関する研究◆販売促進手法としてのアニメ・コラボ戦略の有用性◆就職における企業クチコミと信頼性:関与との関連から◆SNSにおける企業のマーケティング活用◆商店街活性化のための戦略◆男女の性差によるコーヒーに求めること◆ボランティアの普及による介護業界の活性化◆日本の消費特徴の進化と小売業態の変遷「駒大生のファッションに関する意識調査」を実施しました。渋谷に近い駒澤大学の学生は、ファッションへの関心が高いのではないかと思ったからです。研究にあたり、ファッションへの関心度や衣服の購入金額などについてのアンケート調査を実施。人間の欲求に関する心理学の学説を用いるなど、アンケートの作成には工夫を凝らしました。また、アンケート結果をもとに、学生をターゲットとするファッションブランドのより効果的なマーケティング戦略も考案しました。経営学部▶ 卒業論文・研究課題例三浦 佳奈市場戦略学科 4年淑徳巣鴨中学高等学校 出身(小本 恵照 教授 : 現代企業論)成功する企業の共通点は何か▶ 私の研究テーマ株式会社一休(高級ホテル・旅館予約サイト)でのフィールドワーク | 代表取締役社長(当時)森正文氏に企業経営を成功に導く術を聞く男:476人(55%)女:383人(45%)総計:859人平成27年5月1日時点

元のページ 

page 86

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です