駒澤大学 大学案内2018
74/164

ICT(情報通信技術)が普及する以前、多くのメーカーは垂直統合戦略をとっていました。一企業が商品企画から生産、販売までの活動をすべて行い、開発した技術やノウハウは「門外不出」のものでした。しかしICTが普及する現代では、技術革新スピードが速く、価格競争が激しくなったので、各メーカーがそれらの活動を他社と協業するようになっています。それによって今までにない「結びつき」が生まれ、市場の創出につながっています。最近ではICTと金融が結びついて「FinTech」と呼ばれる分野も出てきました。一方で、ICTの進化により人間の職がなくなるという不安も大きくなっています。このような時代に求められることとは何でしょう。それは、異なる価値を組み合わせ、新しいものを生み出すこと。膨大な情報を記憶したり、複雑なマニュアルに沿って「正解」を出すことでは、コンピュータにかないません。しかし、まだ誰もやってないことや、ありえないと思われていることにチャレンジできるのは人間だけです。そんなチャレンジ精神を、ぜひ、この4年間で学んでください。(中濟 光昭 教授:情報経済ネットワーク論)商学科のその他の演習(ゼミ)テーマもCheck!P.076経済学部商学科男:758人(68%)女:363人(32%)総計:1121人2016年5月1日時点アンリツ株式会社(ICTサービスに関わる最先端企業)にてギャラリーを見学 | 合同プレゼンテーションを行った台湾国立中央大学の学生とともに技術)が普及する以前、多くのメーカーは垂直統合戦略をとっていました。一企業が商品企画から生産、販売までの活動をすべ技術やノウハウは「門外不出」のものでしたしかしICTが普及する現代では技術革新スピドが速く価格競争が激しくなアアンアンリアンリツンリアンリツアンリツアンリツアンリツアリアンリツツツツツツツツ株式会社株式会社株式会社社社社株式会社株式会社社株式会社株式会社社式会社株式会社株式会社式会社会社株株株式会社株株(ICTCT(ICT(ICT(IC(I(IC(ICICTIC(ICICTCTサービスサービスサービスサービサーーサービスサービスサービスサービスーサービスサービスサービスサービス関わに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わるに関わる関わ関わる関わる関わる関わに関わる関関関関関わ最先端企最先端企最先端企最先端企先最先端企最先端企企最先端企最先端企最先端企端企最先端企最先端企最先端企先端企端最先端企端企最先端企最先端企端端業)にて業)に業))にて)にて)にてにてににて業業)業))にてにてに業業業業)業業)にて業業業業にて業ギャラリギャラリャラリギャラリャラリャラリギャラリギャラリギャラギャラギャラギャラリギギギーを見学ーーを見学ーを見学ーをーを見学ーを見学ーを見学を見学を見を見学を見学を見学ーをを見学ーを見学をを見学を見学を見学見見学学見学学を | 合 | || |  | 合| 合 | 合 | 合 | 合合合合合| 合合合合合合合合合合同プレゼ同プレゼ同プレゼ同プレゼ同プレゼプレゼプレゼプレゼレゼプレゼプレ同プレゼ同プ同プレゼプレゼ同同同同同同同ンテーシンテーシンテーシンテーシンテーシーテーーンテーシンテーシンテーシテンテテテョンョンを行ョンを行ョンを行ョンを行を行ョンを行ョを行を行を行ョンを行ョンをを行を行行ををョったったった台った台った台った台った台湾た台湾っった台った台た台湾台湾湾台湾台湾った台湾湾湾台湾湾湾湾た台国立中央国立中央国立中央立中央立中央立中央立中央国立中央国立国立立中央立中国立中央国国国国立中央国立中央国国国国国立大大大学の学大学の学大学の学大学の学大学の学大学の学大大学の学大学の学大学の学学の学大学の学学の学学の学学の学学生とと生ととも生ととも生とと生ととも生とともととととと生ととも生ととも生ととも生ととも生ととも生生生ととも生ににににににににににににににににアンリツ株式会社(ICTサービスに関わる最先端企業)にてギャラリーを見学 | 合同プレゼンテーションを行った台湾国立中央大学の学生とともに073

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る