駒澤大学 大学案内2017
73/156

 法学部というと弁護士や判事・検事、司法書士や行政書士ならびに公務員という職業が連想されますが、どこの大学でも実際はビジネスのさまざまな分野に進む卒業生が大半です。社会は、法というルールにしたがってつくられ、運営されており、それに関する知識は必要不可欠です。とくにグローバル化が進んだ現在、世界共通の明確なルールが求められるようになり、法知識の重要性はますます高まっています。法学部出身者の進出先は今後さらに広がっていくでしょう。本学は東京・世田谷という立地を生かし、実務の現状に対応した最新の法知識を学ぶ環境を提供しています。また政治学科では、法学部にあることで、法律も学ぶことができ、社会のルールをしっかりと知るとともに、政治に関する理論・歴史、国際関係、政策を幅広く理解できます。とくに本学では、世界各地域の政治に関する科目が充実しているとともに、社会学、心理学、歴史・思想の要素をもつ科目をも配置しており、社会に関する総合的教養を身につけることができます。・中学校教諭1種免許(社会)・高等学校教諭1種免許状(地理歴史、公民)・学校図書館司書教諭・社会教育主事任用資格・社会福祉主事任用資格(フレックスBを除く)現代社会の「骨組」を理解してみませんか。フレックスBフレックスA法律学科政治学科フレックスシステムとは学生のライフスタイルに合わせ、フレックスA(昼間主コース)とフレックスB(夜間主コース)に基本時間帯をわけながらも、お互いの時間帯の授業を履修可能(上限あり)にしたものです。POINT・どちらのコースに進学しても卒業資格にはいっさい差はなく、学位(法律学)が与えられます。入学後、転部転科試験に合格すれば2年次からコース変更することも可能です。・フレックスBはフレックスAに比べて入学金や授業料等が安価なので経済状況に応じた大学生活を過ごすことができます。法学部072KOMAZAWA VOICE 2017▶ 取得可能な資格・法律学科 学士(法律学)・政治学科 学士(政治学)▶ 授与する学位

元のページ 

page 73

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です