駒澤大学 大学案内2017
67/156

066KOMAZAWA VOICE 2017仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部◆選択必修…20 指定された範囲から、定められた単位数を修得しなければならない科目●選択………58 自らの興味関心で自由に選択できる科目専門教育科目:78単位全学共通科目:28単位(詳細はP.17)広 域 選 択 :18単位※教職課程科目は1年次から、資格講座科目は2年次から開講しています(P.131)。※教職課程・資格講座は卒業に必要な単位には含まれません。 ※他学部履修は単位互換科目と合わせて30単位以内。卒業必要単位124単位▶ 専門教育科目2017年度(予定)1年次からキャリア・デザインを考え、体系的学修とゼミで実践力を身につけることで、金融・商社・メーカー・流通など幅広い分野の企業への就職が可能です。大手企業のみならず、様々な資格職や公務員、地域経済の担い手として活躍する卒業生が多数います。基礎的な経済学の考え方を1、2年次の選択必修科目で学びます。将来のキャリアを考え、2年次から「ビジネス経済コース」と「コミュニティ経済コース」を選択し、それぞれに必要な専門科目を体系的に学ぶことで、現代の経済事象を読み解く能力を身につけます。ゲーム理論、法と経済学など最先端な経済学理論、コミュニティ経済を支える組織やビジネス活動を対象とする経営学的視点を重視した科目を学び、「トレンド創造(Know-Why)型」の新しい価値を創造し、企業家精神を備えた人材を育成します。21世紀を担う人材は、現代社会の諸問題に対処するため「鳥の目(マクロ的視点)」と「虫の目(ミクロ的視点)」の「複眼」をもつ必要があります。本学科では、経済のグローバル化に対応しつつ、日本経済や日本企業の課題を考え、その担い手の育成を目的とした「ビジネス経済コース」、グローバルとローカルが共生する持続可能な社会の実現に向けて、現代の公共性という視点からコミュニティ経済の再生と革新を学ぶ「コミュニティ経済コース」を設置しています。4年間の体系的学修を通じて、マルチな視点を備えつつ、現代の複雑で多様な経済社会で活躍できる人材という時代を担う企業家精神旺盛な開拓者を育成します。ビジネスとコミュニティから経済を読み解き、活きる力を養う!社会経済学の理論や歴史を学びながら、現代社会の問題を考察するための糸口を探るゲーム理論の基礎を学び、実際の経済・社会現象に当てはめて、分析・考察することを目指す非営利組織・社会的企業の役割、社会問題に関する討論を行うことで、最後まで考え抜く力を養う■「社会経済学」の授業風景■「ゲーム理論」の授業風景■非営利組織・社会的企業についてゼミ風景▶ 学びのポイント最新の経済学知見とトレンド創造就職につながる実践力基礎能力の体系的学修●演習Ⅱ  ●ビジネス・インターンシップa/b●ITプロフェッショナルクラスⅡ●会計プロフェッショナルクラスⅡ(会計士/税理士)(3・4年次選択)●演習Ⅲ  ●卒業研究●ITプロフェッショナルクラスⅢ●会計プロフェッショナルクラスⅢ(会計士/税理士)●演習Ⅰ●ITプロフェッショナルクラスⅠ●会計プロフェッショナルクラスⅠ(会計士/税理士)(2・3年次選択)●経済理論Aa/Ab ●ミクロ経済学a/b ●現代経済事情Ⅰ・Ⅱ ●現代産業事情Ⅰ~Ⅲ ●特殊講義Ⅰ・Ⅱ●契約理論 ●情報の経済学 ●法と経済学 ●制度の経済学 ●ファイナンス論a/b ●企業戦略論a/b●グローバル・ビジネス論a/b ●企業統治論a/b ●企業倫理 ●企業社会責任論 ●人的資源管理論a/b ●ビジネスの歴史a/b●ネットワーク組織論a/b ●市民と経済学 ●社会思想史 ●ボランティア経済a/b ●中小企業論 ●中小企業政策論●福祉経済論 ●医療経済論 ●ベンチャー論 ●起業論 ●コミュニティ・ビジネス論 ●協同組合論●ビジネス事例研究 ●トップ・マネジメント講座 ●外国書講読Ⅰ・Ⅱ(a/b) ●IT研究Ⅰ~Ⅴ ●ITインターンシップⅠ・Ⅱ●憲法a/b ●経済法a/b ●民法一部a/b ●民法二部a/b●商法一部a/b ●商法二部a/b ●労働法 ●行政法a/b●国際法a/b ●ビジネス英会話a/b ●経済学科の専門教育科目(P.62) ●商学科の専門教育科目(P.64)◆社会経済学a/b ◆企業経済学a/b ◆企業経営学a/b ◆現代企業論a/b ◆地域経済論a/b●経済学入門a/b●情報入門Ⅰ・Ⅱ●キャリア・デザインa/b◆ゲーム理論a/b ◆公共経済学a/b ◆現代産業論a/b ◆産業組織論a/b ◆企業管理論a/b ◆非営利組織論a/b ●キャリアデザイン応用a/b豊かな国際感覚を持つと同時に、日本経済に独自な課題にも対応できる人材を育てるコースです。現代企業の構造と行動の理解に不可欠な経済学・経営学の最新の科目を設定。現代ビジネス社会で必要な最先端の知識が体系的に学べます。ビジネス経済コース地域経済の活性化やコミュニティ経済の再生と革新、現代における公共性という視点から、自治体、中小企業、ベンチャービジネス・コミュニティビジネスなど、21世紀の社会・経済における役割が高まる分野で活躍できる人材を育成します。コミュニティ経済コース2年次4年次1年次3年次気になる講義は検索してみよう!P.020

元のページ 

page 67

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です