駒澤大学 大学案内2018
65/164

◆笑い方が他者の印象形成に及ぼす影響◆ロマンチック・レッド―赤い色が対人魅力に与える影響―◆ぬり絵が気分状態に及ぼす心理的効果―写経との比較検討―◆大学生の完璧主義傾向と先延ばし行動の関係について◆恋人の存在が恋愛イメージに及ぼす影響◆大学生の賭博傾向とストレスの関連について◆スポーツの挫折経験を乗り越える過程に関する質的研究◆背景画像の親近性が目撃者の識別に及ぼす影響◆生理的指標を用いた化粧行動のリラックス効果と男女差の検討◆初学者の数息観瞑想における姿勢と練習の効果デジタルとアナログの塗り絵における心理的効果について研究しようと考えています。塗り絵には他の心理療法に劣らない不安低減効果があるとされていますが、これまではアナログの塗り絵についての研究しかありませんでした。現代ではパソコンやスマホ、タブレットなどにより、生活にデジタルが浸透しています。そこで、デジタルによる塗り絵にも不安低減効果があるかどうかを調べることで、新しい心理療法の可能性が見出せるのではないかと思っています。▶ 私の研究テーマ▶ 卒業論文・研究課題例沖田 琴果心理学科 4年東京都立福生高等学校 出身人間の行動を解明するための生物学的基礎について学び、心理学の各領域における研究に活用できることを目指す心理検査に関する基礎知識と検査の実施方法や手順、結果の解釈について実習を通して学ぶ現代心理学に不可欠な実験について、計画の組み立て方、実施方法、結果の処理方法などを実習を通して学ぶ「心理学基礎実験」の授業風景「生理心理学」の授業風景呼気ガス分析装置を用いた実験から瞑想と呼吸活動の関係に迫る心理実験室での実習「心理検査法」の授業風景仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部多種多様な授業科目の学修を通じて、科学的方法でデータを収集・分析・判断し、それらをわかりやすく、効果的にプレゼンテーションをする力を養います。現代社会の諸問題の解決に役立つ能力の養成特色は「基礎教育重視」「多様な履修科目」「最新の情報」の3点です。基礎教育で心理学という学問の土台を築き、2年次以降は多岐にわたる専門教育科目から最新の研究動向を得て幅広い知識を修得します。理論と実践の両面から学修することで客観的視点と分析力を身につけることが目標です。心理学科の教員の専門分野は、基礎的な実験心理学から応用の臨床心理学まで、偏りなく幅広い分野の心理学にわたっています。特に臨床心理士の資格を持つ教員は5名おり、全員が本大学院において臨床心理士の養成教育にも携わっています。心理学とは、「心」を科学的な手法で分析し解き明かす学問。そのような心理学を、基礎を重視した教育で着実に修得していきます。本学科では、臨床心理観察室、生理実験室、知覚実験室、動物実験室など15の観察室・実験室から、コンピュータを備えた情報処理室まで、実験・観察・調査のための教育施設が充実しており、授業や卒業研究などで活用されています。さらに大学院の臨床心理学コースには、地域社会を対象とした心理相談機関「駒澤大学コミュニティ・ケアセンター」が併設されています。このような設備の中で、講義だけではなく、実験・演習・ゼミなど、多様な授業科目の学修を通じて、科学的心理学研究の能力を養います。ここで培われた能力は、実社会の様々な職種で活躍の場を広げる土台となります。卒業生の進路は、公務員、一般企業、大学院進学など多岐にわたっています。科学的な視点で「心」を捉える。豊かな感性で「人」を理解する▶ 学びのポイント理論と実践の両面から学修するカリキュラム幅広い専門分野を持つ教授陣064KOMAZAWA VOICE 2018

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る