駒澤大学 大学案内2018
63/164

仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部教 授 : 東條 光雅専 門 : 老人福祉論高齢者処遇の方法論研究高齢者福祉に対する関心が年々高まっているが、制度・政策論ばかりでなく、高齢者の処遇方法論の研究も非常に重要である。本ゼミでは、寝たきりや認知症などの障害老人に限らず、広く高齢者に関わる種々の意識や態度の分析研究、ならびに高齢者処遇に関する方法論研究に焦点を当てていきたい。教 授 : 荒井 浩道専 門 : ソーシャルワーク方法論対人援助とナラティヴこの演習では、ナラティヴ・アプローチ、ピアサポート、家族支援をキーワードに、ソーシャルワークの支援方法を中心に学びます。ゼミ生が取り組んでいる研究テーマは、ケアする家族への支援、スクールソーシャルワーク、スポーツと福祉、被災地支援などです。准教授 : 川上 富雄専 門 : 地域福祉地域を基盤としたソーシャルワーク老人・児童・障害者福祉といった制度論・分野論を、「地域自立生活支援」視点で横断的・鳥瞰的・隙間的に捉え直します。また、福祉分野にとどまらず、自殺・累犯障害者・ホームレス・不登校・ギャンブル依存といった課題や中山間離島過疎地域における生活支援のあり方など幅広く取り上げます。教 授 : 伊藤 秀一専 門 : 公的扶助論「豊かな社会」における貧困問題と公的扶助現代における貧困の諸実態をもとに、今日の「豊かな社会」に対する批判的検討を行う。貧困認識のあり方をはじめ、地域住民の抱える生活問題への公的責任のあり方、福祉行政の取り組み、Welfare rights work(福祉権活動・運動)を扱う。准教授 : 長尾 譲治専 門 : 社会保障/キャリア教育大学生のキャリア支援と労働福祉福祉を学ぶことは、人生を学ぶこと。このゼミでは、福祉学の知見を用いて自分自身の将来(就活と職業生活、結婚・子育て、老後生活など)を考察し、人生を幸福に生きる「知恵」を身につけます。また独自のキャリアプログラムやキャリアカウンセリング等で、ゼミ生の就職活動を全面的に支援しています。教 授 : 桐原 宏行専 門 : 障害者福祉論・就労支援社会的マイノリティの理解とソーシャルインクルージョン障害者をはじめ、ホームレス、外国人、出所者など、社会での適応に大きな障壁を抱え、社会的に排除されている人々の問題点について多角的理解を深めていく。さらには、ソーシャルインクルージョンの意義を理解しつつ、その実現(社会復帰・共生)に向けた具体的方法についてアプローチしていく。助 手 : 中嶌 志歩教 授 : 佐藤 光正専 門 : 精神保健福祉論・相談支援心の障害とその人らしさの支援今や心の疾患は5大疾患となり、うつ病やストレスなど”心”に関する生きづらさの問題は、国民的課題になっています。演習では、生活の視点に立ち広く障害の種別、年齢の別を超え”心”の問題を取り上げ、福祉理念と価値に基づき”共生”を創造する福祉援助職に必要な視点・知識・技術を学びます。COLUMN社会福祉士知識だけではなく、実践で学べる価値駒澤大学は、実習先が多く、実際に働いている方が講義してくださる機会も沢山あります。知識だけではなく実用的なことを学べるんです。地域福祉論という講義では現場の話を聞くことで、地域によって求められるものが違うことを実感できました。また社会福祉援助技術のクラスで、座る位置や聞く態度、伝わりやすい話し方などを学ぶことができたのも大きな収穫でした。支援するためには、まずその人のことを知り、気持ちを尊重するという福祉的な視点でものごとをとらえることが必要だと知りました。将来は「あなたに相談してよかった」と思っていただける社会福祉士になりたいです。文学部 社会学科 社会福祉学専攻 4年宮崎第一高等学校 出身岡留 萌子▶ 演習(ゼミ)・専任教員紹介062KOMAZAWA VOICE 2018

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る