駒澤大学 大学案内2019
61/92

在学生message教員message科目名学年1234コース共通科目経営学A/B■市場戦略概説A/B■会計学A/B■経済学概説A/B■情報処理基礎A/B■マーケティング論■産業組織論■市場創造・市場分析コース共通経営数学A/B■確率・統計入門A/B■流通システム論A(マクロ)■流通システム論B(ミクロ)■経営科学概論A/B■経営統計A/B■ゲーム理論A/B■経営戦略論■計量経済学■演習Ⅱ■演習Ⅲ■消費者行動論■■マーケティング・リサーチA/B■■市場創造コースイノベーション論■経済法a/b■製品開発論A/B■■科目名学年1234マーケティング・コミュニケーション論A/B■■グローバル・マーケティング論A/B■■マーケティング史A/B■■市場分析コースマネジメント・サイエンスA/B■経営情報システムA/B■情報セキュリティA/B■情報処理応用■マーケティング・サイエンスA/B■■サプライチェーン・マネジメントA/B■■現代産業・起業コース現代企業論A/B■簿記学A/B■ベンチャー企業論A/B■経営組織論■財務会計論■経営財務論■環境経営論■経営戦略論■イノベーション論■ファイナンス理論■民法Ⅰ(総則・物権法)■商法Ⅰ(総則・会社法)■労働法■リスク管理論■■銀行経営論A/B■■科目名学年1234保険学■■商業経営論A/B■■サービス経営論A/B■■e-ビジネスA/B■■事業創造論A/B■■各コース関連科目演習Ⅰ■生産管理論■上級簿記■管理会計論■原価計算論■税法■演習Ⅱ■演習Ⅲ■民法Ⅱ(債権法)■■商法Ⅱ(商行為、手形・小切手法)■■外書講読(英書Ⅰ)A/B■■外書講読(英書Ⅱ)A/B■■現代マネジメントⅠ~Ⅷ■■■現代マネジメントⅨ~Ⅺ■■■必修 ■選択必修 ■選択専門教育科目:88単位全学共通科目:26単位広 域 選 択:10単位■ 必修:20単位■ 選択必修:20単位■ 選択:48単位卒業に必要な単位124単位現代の各種産業における経営の要点、企業と企業者に関する基礎理論、起業に関する基礎知識等を学ぶことで、現代にふさわしい経営者としての能力を育成します。現代産業・起業コース価格や販売方法、広告宣伝の仕方を含めた商品やサービスの企画立案、供給システム(調達・生産・販売・流通)の運用に携わる人材を育てます。市場創造コース商品やサービスの企画立案に必要な情報の分析や供給システムの設計・管理について学びます。コンピューターやITなどを利用した分析やシステム管理を重視します。市場分析コース小野瀬先生の研究実績はこちらから中邨 咲輝市場戦略学科 4年滋賀県立水口東高等学校 出身 私が研究者人生で初めに選んだテーマは経営における失敗についてでした。会社を立ち上げようというからには成功の目算がついているからのことでしょうが、実際に始めてみると思い描いたものとは違ったりして、悪くすれば破綻を招くことも大いに有り得るのです。それでも、恐れていては経営などできません。チャンスがあれば積極的にチャレンジすべきでしょう。「失敗」を研究してたどり着いた結論は、どんな苦境に立たされても、モチベーションを失うことなく、前向きに経営に臨む姿勢が重要だということ。そのためにはどうすればよいか。「前もって失敗しておくこと」「失敗しよう」実践演習ゼミへようこそです。ゼミでは、PBL形式の実践演習で一年を通して複数のプロジェクトを運営し、とことん失敗してもらいます。例えば学会の運営サポートをすることもあります。サポートといっても、ただのお手伝いではありませんから、間違いを犯せばお叱りを受けることもあります。そこで、なぜそうなってしまったのかを考えるのが貴重な勉強になるのです。なにが正解かもわからず、いま成功に向かっているのかも見えない中で、幾度となく意思決定をしていく。社会人になれば、そうした局面に数多く遭遇することになりますから、ここでの経験は大きな自信となるはずです。Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.1消費者行動論2演習Ⅱ朝鮮語Ⅱae‐ビジネスリスクマネジメント論3商業経営論中国語ⅠAa4日本文化理解ⅠA労働法5製品開発論環境経営論税法6 自分のアイデアで誰かを楽しませることが好きで、将来は商品の企画・開発に携わりたいと考えています。そういった意味では、マーケティングについて深く学べるこの学科は私にぴったりでした。マーケティングというとデータの分析が主体になりますが、対象は消費者という人間ですから、答えが一つに限らないこともあります。もちろん、このような問題に直面すると悩んでしまいますが、そんなとき助けてくれるのが同じ学科の仲間たち。課題について意見を交わせば、自分では思いつきもしないアイデアに触れられるなど、いつも刺激を受けています。また、積極的に議論を交わすことで、コミュニケーション能力やプレゼン能力も養われていると感じています。学ぶほどに市場の仕組みも見えるようになり、この先も将来の目標に近づくべく充実した毎日を送っていきます。仲間と議論しながら、市場を読み解くスキルを磨いています小野瀬 拡専門:ベンチャー企業論3年次前期の時間割2019年度(予定) 専門教育科目59KOMANABI 2019経営学部市場戦略学科

元のページ  ../index.html#61

このブックを見る