駒澤大学 大学案内2019
59/92

在学生message教員message■必修 ■選択必修 ■選択科目名学年1234コース共通科目経営学基礎■企業論■経済学概説A■経済学概説B■簿記学A■簿記学B■会計学A■会計学B■企業経営コース経営管理論■経営組織論■演習Ⅱ■演習Ⅲ■現代企業論A/B■経営学史■■■経営史■■■企業と社会■■■経営労務論■■■生産管理論■■■マーケティング論■■■経営財務論■■■国際経営論■■■経営戦略論■■■国際経営比較論■■■中小企業経営論■■■企業会計コース財務会計論■原価計算論■演習Ⅱ■科目名学年1234演習Ⅲ■民法Ⅱ(債権法)■■商法Ⅱ(商行為、手形・小切手法)■■経営財務論■■■上級簿記■■■管理会計論■■■会計監査論■■■税務会計論■■■経営分析論■■■国際会計論■■■民法Ⅰ(総則・物権法)■■■商法Ⅰ(総則・会社法)■■■税法■■■経済分析コース経済原論■産業組織論■演習Ⅱ■演習Ⅲ■確率・統計入門A■確率・統計入門B■経済政策■■■財政学■■■金融論■■■国際経済論■■■日本経済論■■■証券市場論■■■計量経済学■■■イノベーション論■■■ファイナンス理論■■■ゲーム理論A■■■科目名学年1234ゲーム理論B■■■日本経済史■■■各コース関連科目外書講読(英書Ⅰ)A■■外書講読(英書Ⅰ)B■■外書講読(英書Ⅱ)A■■外書講読(英書Ⅱ)B■■ビジネス英語A/B■■情報処理基礎A■情報処理基礎B■経営数学A■経営数学B■演習Ⅰ■組織行動論■■■ベンチャー企業論A/B■■■環境経営論■■■日本経営史■■■公益企業論■■■経営科学概論A/B■■■経営情報システムA■■■経営情報システムB■■■経営統計A■■■経営統計B■■■経済法a■■■経済法b■■■労働法■■■現代マネジメントⅠ~Ⅷ■■■現代マネジメントⅨ~Ⅺ■■専門教育科目:88単位全学共通科目:26単位広 域 選 択:10単位■ 必修:16単位■ 選択必修:16単位■ 選択:56単位卒業に必要な単位124単位各種経済分析の理論と実践について学びます。エコノミストやアナリスト,その他,金融の仕事を志す人に適したコースです。経済分析コース企業経営に関する理論と歴史と実践について学び,企業および企業行動のあり方を探求します。企業経営者やコンサルタントを志す人に適したコースです。企業経営コース財務情報の収集・分類・分析のためのスキルを学びます。企業の財務・会計,監査のプロフェッショナル,税務の仕事を志す人に適したコースです。企業会計コース鹿嶋先生の研究実績はこちらから宇佐美 喬大経営学科 4年栃木県立栃木商業高等学校 出身 コンビニエンスストアに行っても、ファストフード店に行っても、外国人やお年寄りがレジに立っていることが増えてきました。工場や建設現場も同じで、あらゆる業界が人手不足に悩み、外国人やリタイア世代を雇用しているからです。このゼミでは、人手不足問題の解決に向けて研究を深めています。例えば、コンビニの人手不足を議題に意見を戦わせると、「人手不足を解消するには営業時間を短くすればいい」という意見が出る一方で、「いや、24時間営業はコンビニの常識になっているから営業時間の短縮は考えられない。人手不足を解消するには、給与や待遇をよくし便利と不便、高いのと安いの、どっちを取る?てアルバイトを確保すればいい」といった意見と対立したりします。議論はさらに発展し、「そうなると、売り上げを多く確保しなければならず、価格高騰につながるので困る」と展開していきます。この議論でおわかりのように、便利さ、快適さを追求すれば、回り回って自分自身を苦しめることにもなり、人手不足の解消といっても単純にはいきません。経営と経済の仕組みを知ることは、利益を上げることを求められるビジネスパーソンにとっても、生活を維持するための消費者にとっても不可欠な知識といえます。ゼミではそうした経営を表裏から考察し、研究を深めていきます。Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.12中小企業経営論演習Ⅱ企業と社会3経営科学概論公益企業論ファイナンス理論4国際経営比較論証券市場論経済原論5経営組織論6 建築関係の会社を経営する祖父の元には、さまざまな経歴を持つ社員がいます。それを祖父から聞いたとき、どのように人をまとめているのかというのに関心を持ったのが、経営に興味を持ったきっかけです。さらに、商業高校での学びを通じて、経営を学びたいという思いがより強くなり、この学科を選択しました。経営と一口にいっても、その学びは経営学、会計学、経済学と多岐にわたります。こうしたさまざまな観点を身につけることで、企業経営について深い考察ができるようになりました。今、力を入れているのは、経営労務の勉強です。経営者ではなく、労働者の立場から経営を考えるものなので身近に感じやすく、将来、就職したときも、またその先経営者になるとしても、役立つ知識や考え方が身についていると実感しています。経営を多角的にとらえ、将来役立つ知識を学んでいます鹿嶋 秀晃専門:経営労務論3年次前期の時間割2019年度(予定) 専門教育科目57KOMANABI 2019経営学部経営学科

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る