駒澤大学 大学案内2019
55/92

在学生message教員message 専門教育科目科目名学年1234コース共通科目政治学基礎■憲法■日本政治入門■■■■現代政治理論入門■■■■現代政治分析入門1■■■■現代政治分析入門2■■■■国際関係入門■■■■国際社会入門■■■■行政学・公共政策入門■■■■基礎演習■演習Ⅰ■外書講読Ⅰ(英書)■演習Ⅱ■外書講読Ⅱ(英書)■政治学特殊講義(1)~(4)■■■実務者講座■■■比較憲法■■■時事問題研究■■■外交史■■■国際関係とメディア■■■世界政治とメディア■■■国際経済論a/b■■■地方財政論a/b■■■地域計画論A/B■■■時事英語■■■財政学■■■国際紛争解決法■■社会保障法■■他コースの選択必修科目など■■■科目名学年1234現代社会と政治コース政治学方法論1・2■■■現代政治理論応用■■■政治思想史■■■政治制度論■■■日本政治史■■■ヨーロッパ政治史■■■政治過程論■■■国際関係論■■■比較政治学■■■政治社会学■■■政治経済学■■■外交・安全保障論■■■グローバルガバナンス論■■■ジェンダーと政治■■■行政・公共政策コース地方行政■■■政策決定論■■■行政法総論■■■民法(総則・物権法)■■■刑法総論■■■地方自治法■■■都市・まちづくり論■■■社会政策■■■環境政策■■■公共政策論■■■行政救済法■■労働法■■国際・地域研究コースヨーロッパ政治史■■■科目名学年1234日本政治史■■■国際関係論■■■比較政治学■■■外交・安全保障論■■■国際法■■■北米政治論■■■中南米政治論■■■オセアニア政治論■■■中東政治論■■■アフリカ政治論■■■東アジア政治論■■■東南アジア政治論■■■南アジア政治論■■■ロシア政治論■■■ヨーロッパ政治論■■■EU政治論■■■グローバルガバナンス論■■■政治とメディア研究コース政治制度論■■■政治過程論■■■政策決定論■■■比較政治学■■■政治学方法論1・2■■■マス・コミュニケーション論■■■ジャーナリズム論■■■比較メディア論■■■数量政治学■■■政治心理学■■■政治社会学■■■政治経済学■■■■必修 ■選択必修 ■選択専門教育科目:92単位全学共通科目:30単位広 域 選 択:8単位■ 選択必修:40単位■ 選択:52単位卒業に必要な単位130単位教員をはじめ、社会の各分野で次世代の人間育成と持続可能な社会の形成に深く携わる人材を育てます。現代社会と政治コース梅川先生の研究実績はこちらから右田 菜々子政治学科 3年和歌山県立星林高等学校 出身 アメリカ政治でいま注目を集めているものは、何と言ってもトランプ大統領です。ニュースでその顔を見ない日はないというくらいに、その一挙手一投足が注目されています。メキシコとの国境に壁を建設し、その費用をメキシコ政府に支払わせるなどといった過激な発言を繰り返していますから、さぞかし絶大な権限を持っているのだろうと考える人もいることでしょう。しかし、いかに大国・アメリカの大統領とはいえ、独裁的に何でもできてしまうわけではありません。大統領に与えられているのは、日本の首相と比べると非常に限られた権限のみです。実は、議会への出席権もなけアメリカの大統領は強いか?弱いか?れば、法案提出権も予算編成権もありません。もちろん、議会を解散することもできません。こうしたアメリカの政治制度は、イギリス国王からの圧政に苦しんだ歴史的背景から生まれたもので、日本の議院内閣制とはまったく仕組みが異なります。アメリカをはじめ、ほかの国の政治の仕組みを知ることは、日本の政治のあり方やよりよい政治制度がどうあるべきかを考えるきっかけになるに違いありません。答えは一つではありません。ゼミで一緒に議論を繰り返すことで、いろいろな考え方に触れ、自分なりの答えを導き出してください。それこそが大学での学び方なのです。Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.Sat.1英語ⅡB2政治学特殊講義外交・安全保障論数量政治学英語ⅡD3基礎演習マス・コミュニケーション論政治制度論比較政治学4比較メディア論北米政治論国際関係論英語ⅡA5中南米政治論6 世界にはさまざまな宗教や文化があります。そうした違いを互いに認め合いながら暮らせればいいのですが、時にはテロや紛争の原因になることがあります。どうすれば、国家同士の関係性が悪化するのを避けられるのか、そんな好奇心から、政治学を学ぼうと進路を決めました。授業では国際的な条約や法律から国内の行政サービスまで幅広い範囲にわたって学びます。今、特に力を入れているのは、世界各国の政治論です。例えば、アメリカの政治制度には、日本とは異なる価値観から生まれたものが多く、その政治論の背景には文化や宗教、社会の特色などが隠れています。こうした学びは、国際社会で多様なもののあり方を理解する上で重要ですし、将来、国際機関やグローバル企業といった国際的なフィールドで働くにしても、役立つと感じています。政治論を学ぶことで、文化や宗教、社会の特色が見えます梅川 葉菜専門:アメリカ政治2年次前期の時間割情報収集技術とメディアリテラシーを修得し、マスコミや企業の企画・開発・宣伝広報部門で活躍できる人材を育てます。政治とメディア研究コース海外の地域や人に関する深い知識を持ち、国際機関やグローバルに活動する企業で活躍できる人材を育てます。国際・地域研究コース公務員および行政の公共性を理解した上で、望ましい・住みやすい地域社会の構築に関与できる人材を育てます。行政・公共政策コース2019年度(予定)53KOMANABI 2019法学部政治学科

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る