駒澤大学 大学案内2019
54/92

Department of Political Science政治学の多岐にわたる分野を体系的かつ効率的に学べるカリキュラムを提供しています。政治学の基本的な理解を深めるための入門的な専門教育科目を1年次から受講できるので、入学時点で自分が何を学びたいのかはっきりしていない人でも、将来の方向性を見つけられます。法学部政治学科判断力、行動力、問題解決能力を備えた実践的な教養人を育成する 学科の特色多岐にわたる豊富な専門科目を効率的に学ぶ2年次以降は4つのコースのなかから自分自身の関心や将来像にあったコースを選択します(コース登録は1年次秋)。各コースはそれぞれの専門科目を体系的に順序立てて学べるようにカリキュラムを組んでいるので、専門性を深め、関心を拡げる学修が可能です。4つのコース制で体系的な学修を実現ゼミではフィールド・リサーチやディベート、国会見学など教員の工夫を活かした指導があります。公務員、議員、NPO、民間企業の方など本学科卒業生を招いた「実務者講座」やジャーナリズム・政策研究所の講座では政治や行政やマスコミの実務も学べます。豊富な教授陣と現代社会の「骨組み」を学ぶ総計:926人2017年5月1日時点女子:296人(32%)男子:630人(68%) 4年間の流れと身につく力■ 自由度の高い学びで豊かな感性と行動力がはぐくまれる。■ 現代社会の「骨組み」を理解できるようになる。■ 政治や社会の変化に対応できる専門的素養と総合的知識を持てる。4年間で身につく力警察や消防を含む公務員ほか、商社、銀行、ITサービス、製造などの業界で活躍しています。政治・行政の入門科目を中心に政治社会の骨組みについての知識と考え方を学ぶ。1年次将来の目標に応じて主体的にコースを選択し、各コースの基礎となる知識と方法を身につける。2年次実践や実務を視野に入れた、各コースの専門的・発展的内容を学ぶ。他学部・他学科の関連科目にもチャレンジできる。少人数の演習では、これまでの知識を応用して研究・調査する。■ 投票の義務化について■ 救急車の有料化について■ 地方議会の活性化-立候補者を増やすにはどうしたらよいのか■ 復興まちづくりにおける地域コミュニティの維持活動に関する研究■ 景観行政における基礎自治体と広域自治体の連携と管理卒論テーマ・研究課題例卒業後の進路3・4年次政治や社会問題、時事ネタなど、その場で与えられたテーマについて肯定派と否定派に分かれて、チームごとに意見を述べ合います。ディベートを通して、客観的な立場で物事を考え、論理的に筋道を立てて発表するという思考力や度胸が得られるほか、大会に向けた練習で仲間と過ごす時間を通して、協力する大切さを学びます。▶学科 TOPICSディベート大会積水ハウス/スターツコーポレーション/日本通運/ソフトバンク/ディーエイチシー/小野薬品工業/明治グループ/能美防災/日立製作所/ヨックモック/三井物産プラスチック/JA高崎ハム/タイヘイ/AOKI/青山商事/武蔵野銀行/みずほフィナンシャルグループ/七十七銀行/磐田信用金庫/日本生命保険/日本郵政グループ/三井住友海上あいおい生命保険/損害保険ジャパン日本興亜/相鉄ホテル 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ主な就職先取得可能な資格※詳細はP83をご覧ください。※詳細はP75をご覧ください。52

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る