駒澤大学 大学案内2017
53/156

052KOMAZAWA VOICE 2017仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部■必修………32 必ず修得しなければならない科目◆選択必修…14 指定された範囲から、定められた単位数を修得しなければならない科目●選択………32 自らの興味関心で自由に選択できる科目専門教育科目:78単位全学共通科目:28単位(詳細はP.17)広 域 選 択 :18単位※教職課程科目および博物館学講座科目は1年次から、その他の資格講座科目は2年次から開講しています(P.131)。※教職課程・資格講座は卒業に必要な単位には含まれません。 ※他学部履修は18単位以内。卒業必要単位124単位▶ 専門教育科目2017年度(予定)多種多様な授業科目の学修を通じて、科学的方法でデータを収集・分析・判断し、それらをわかりやすく、効果的にプレゼンテーションをする力を養います。現代社会の諸問題の解決に役立つ能力の養成特色は「基礎教育重視」「多様な履修科目」「最新の情報」の3点です。基礎教育で心理学という学問の土台を築き、2年次以降は多岐にわたる専門教育科目から最新の研究動向を得て幅広い知識を修得します。理論と実践の両面から学修することで客観的視点と分析力を身につけることが目標です。心理学科の教員の専門分野は、基礎的な実験心理学から応用の臨床心理学まで、偏りなく幅広い分野の心理学にわたっています。特に臨床心理士の資格を持つ教員は5名おり、全員が本大学院において臨床心理士の養成教育にも携わっています。心理学とは、「心」を科学的な手法で分析し解き明かす学問。そのような心理学を、基礎を重視した教育で着実に修得していきます。本学科では、臨床心理観察室、生理実験室、知覚実験室、動物実験室など15の観察室・実験室から、コンピュータを備えた情報処理室まで、実験・観察・調査のための教育施設が充実しており、授業や卒業研究などで活用されています。さらに大学院の臨床心理学コースには、地域社会を対象とした心理相談機関「駒澤大学コミュニティ・ケアセンター」が併設されています。このような設備の中で、講義だけではなく、実験・演習・ゼミなど、多様な授業科目の学修を通じて、科学的心理学研究の能力を養います。ここで培われた能力は、実社会の様々な職種で活躍の場を広げる土台となります。卒業生の進路は、公務員、一般企業、大学院進学など多岐にわたっています。科学的な視点で「心」を捉える。豊かな感性で「人」を理解する現代心理学に不可欠な実験について、計画の組み立て方、実施方法、結果の処理方法などを実習を通して学ぶ人間の行動を解明するための生物学的基礎について学び、心理学の各領域における研究に活用できることを目指す心理検査に関する基礎知識と検査の実施方法や手順、結果の解釈について実習を通して学ぶ■「心理学基礎実験」の授業風景■「生理心理学」の授業風景■「心理検査法」の授業風景▶ 学びのポイント理論と実践の両面から学修するカリキュラム幅広い専門分野を持つ教授陣●老人福祉論 ●児童福祉論 ●民法 ●経済原論 ●行政法 ●労働法●障害者福祉論■禅心理学●心理学特殊演習■演習 ■卒業論文●心理実践実習■心理学基礎実験■心理学研究法■心理学概論 ■心理統計学■コンピュータ実習●情報処理Ⅰ・Ⅱ(A/B) ●心理検査法Ⅰ・Ⅱ(A/B) ●カウンセリング ●精神医学●健康心理学 ●比較行動学 ●宗教人類学 ●宗教心理学●産業心理学 ●環境心理学 ●スポーツ心理学 ●老年心理学●青年心理学 ●児童心理学 ●発達臨床心理学 ●心理学特講Ⅰ~Ⅲ(A/B)●犯罪心理学 ●宗教文化論 ●産業と変動の社会学 ●雇用と労働の社会学●家族とジェンダーの社会学A・B ●犯罪と逸脱の社会学 ●福祉社会学 ●歴史社会学●マス・コミュニケーション論A・B●心理学入門 ●キャリア教育入門3科目選択必修 ◆認知心理学 ◆人格心理学 ◆学習心理学 ◆社会心理学 ◆生理心理学 ◆臨床心理学 ◆発達心理学2科目選択必修◆心理学実験演習Ⅰ~Ⅶ(A/B)2年次4年次1年次3年次気になる講義は検索してみよう!P.020

元のページ 

page 53

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です