駒澤大学 大学案内2018
49/164

◆曹操集団の構成について◆唐代における宮廷女性の実態について◆宋代泉州のムスリム商人◆モンゴル時代の科挙をめぐる諸問題◆太平天国期における諸反乱◆古代エジプトのカノポス容器について◆境界域から考える西ローマ帝国の滅亡◆服装からみるエリザベス1世の威厳◆フランス革命期における都市の民衆暴動◆ドイツの民族観とナチズム「GENDER―古代エジプト女性の本当の姿―」というタイトルで卒業論文を執筆しました。大学1年生の時の講義で、古代エジプト文明の社会構造に興味を抱いたことがきっかけです。神話、芸術、権利の三つの観点から考察した結果、古代エジプト社会では女性の立場が男性と同等であったことが分かりました。機会があれば、今度はエジプトがローマ帝国の一部となったことで、女性の社会的立場がどのように変容していったのかを研究してみたいと思います。▶ 私の研究テーマ▶ 卒業論文・研究課題例篠原 侑希歴史学科外国史学専攻 2017年卒業神奈川県立大船高等学校 出身個別報告を通して、史料を収集する能力や論理的に物事を考察する力を養い、卒業論文執筆に備えるゼミ合宿は集中的に勉強に打ち込めるだけでなく、仲間との親睦を深められることも醍醐味東洋史に関する史料から知見を広める横浜ユーラシア文化館でのフィールドワーク西洋古代史のゼミ風景印刷技術の変遷を身をもって学び、人類に与えた影響やその歴史的意義を考える印刷博物館での活版印刷体験ゼミ合宿のひとコマ仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部本専攻は、高校世界史で扱う時代・地域を対象とします。半期科目の「各説」と通年科目の「特講」により、選択の自由度と専門性の向上を目指します。また苦手分野を補う「リメディアル教育」や、言語・地理・思想など多角的に理解を深める「世界史セミナー」を「各説」に設けています。4年間一貫して、専任教員による少人数ゼミ形式の授業が設けられています。1年次の演習科目は、内容を標準化。ICTを利用した通常授業のほかに、クラス担任による個別面談や、合同での実習も行います。教員同士が緊密に連携しながら、卒業まで支援します。教員を志望する学生の多くが、実際に中学・高校の教壇に立っています。公務員、国内外の企業(旅行・出版・貿易・食品・化粧品・ITなど)に就職するほか、在外公館の専門調査員になった例も。本学大学院だけでなく、英・仏・台湾など国外の大学院に進学する学生もいます。大学進学を考えたとき、どうしても譲れないもの、それは世界史。本専攻は、そんな学生たちが集まる場所です。きっかけは小説やマンガ、高校で世界史の先生が面白い授業をしてくれたなど様々。そうした思いに応えられるよう用意したバラエティ豊かな授業、系統的なカリキュラムのもと、自ら考え問題を解決する力、他者に情報を正確に伝える力を身につけていくことができます。世界史の様々な領域を研究する私たち教員が、全面的にサポートします。4年間をかけて修得した歴史的思考力は、実社会でも十分に通用します。卒業生は、中学・高校の教員や公務員、出版・旅行・貿易・IT関連など、ときに国や地域の枠も超え、幅広い分野で活躍しています。歴史学を通して過去と向き合い、世界の今と未来を見すえる力を▶ 学びのポイント選択性と専門性、不得意の克服と理解の深化知識と専門性を“力”として将来に活かす少人数ゼミによるきめ細やかなサポート体制P.135048KOMAZAWA VOICE 2018

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る