駒澤大学 大学案内2019
49/92

在学生message教員message 専門教育科目科目名学年1234社会経済学a/b■■■■企業経済学a/b■■■■企業経営学a/b■■■■現代企業論a/b■■■■地域経済論a/b■■■■ゲーム理論a/b■■■公共経済学a/b■■■現代産業論a/b■■■産業組織論a/b■■■企業管理論a/b■■■非営利組織論a/b■■■アントレプレナーシップ論■■■事業創造論■■■経済学入門a/b■情報入門Ⅰ・Ⅱ■キャリア・デザインa/b■演習Ⅰ■ITプロフェッショナルクラスⅠ■会計プロフェッショナルクラスⅠ(会計士/税理士)■■演習Ⅱ■ITプロフェッショナルクラスⅡ■会計プロフェッショナルクラスⅡ(会計士/税理士)■■ビジネス・インターンシップa/b■演習Ⅲ■科目名学年1234ITプロフェッショナルクラスⅢ■会計プロフェッショナルクラスⅢ(会計士/税理士)■卒業研究■経済理論Aa/Ab■■■■ミクロ経済学a/b■■■■現代経済事情Ⅰ・Ⅱ■■■■現代産業事情Ⅰ~Ⅲ■■■■特殊講義Ⅰ・Ⅱ■■■■キャリアデザイン応用a/b■■■契約理論■■■情報の経済学■■■法と経済学■■■制度の経済学■■■ファイナンス論a/b■■■企業戦略論a/b■■■グローバル・ビジネス論a/b■■■企業統治論a/b■■■企業と社会a/b■■■人的資源管理論a/b■■■ビジネスの歴史a/b■■■ネットワーク組織論a/b■■■市民と経済学■■■社会思想史■■■ボランティア経済a/b■■■中小企業論■■■科目名学年1234中小企業政策論■■■福祉経済論■■■医療経済論■■■コミュニティ・ビジネス論■■■協同組合論■■■ビジネス事例研究■■■トップ・マネジメント講座■■■外国書講読Ⅰ・Ⅱ(a/b)■■■IT研究Ⅰ~Ⅴ■■■ITインターンシップⅠ・Ⅱ■■■憲法a/b■■経済法a/b■■民法一部a/b■■民法二部a/b■■商法一部a/b■■商法二部a/b■■労働法■■行政法a/b■■国際法a/b■■ビジネス英会話a/b■■経済学科の専門教育科目(P.43)■■商学科の専門教育科目(P.45)■■■必修 ■選択必修 ■選択専門教育科目:78単位全学共通科目:28単位広 域 選 択:18単位■ 選択必修:20単位■ 選択:58単位卒業に必要な単位124単位豊かな国際感覚を持つと同時に、日本経済に独自な課題にも対応できる人材を育てるコースです。現代企業の構造と行動の理解に不可欠な経済学・経営学の最新の科目を設定。現代ビジネス社会で必要な最先端の知識が体系的に学べます。ビジネス経済コース地域経済の活性化やコミュニティ経済の再生と革新、現代における公共性という視点から、自治体、中小企業、ベンチャービジネス・コミュニティビジネスなど、21世紀の社会・経済における役割が高まる分野で活躍できる人材を育成します。コミュニティ経済コース鈴木先生の研究実績はこちらから山下 朔哉現代応用経済学科 4年拓殖大学第一高等学校 出身 お互いに裏切るよりもお互いに協力した方が双方にとって有益だが、相手が協力している時に自分だけが裏切れば自分にとってはさらに有益で、相手が裏切っている場合にも自分だけ協力するよりは裏切った方がまだマシ。ゲーム理論は人間社会のあちこちで見られるこのような状況を「囚人のジレンマ」と名付け、ともすれば裏切りが発生しがちな場面での協力の実現のための方法を研究してきました。同じ相手と長期間取引を繰り返すなら、裏切りに対しては次回以降報復があるという暗黙の了解により、協力を維持できることが知られています。ところが、グローバル化やネットの普及で新し多様性がある方が経済はうまく回る!い取引相手と出会うのも簡単、関係を断つのも簡単になった昨今では、裏切って報復される前に逃げられるため、出会った最初から全員が協力する均衡は存在しません。出会い頭の裏切りへの対処として、一定数の裏切り者がいることを前提に最初から協力して互いに協力できた相手とだけ長期的関係を築く方法と、裏切り者が入り込む余地がないよう全員がある程度なじんだ相手としか協力しない方法が考えられ、実は私たちの研究では前者の方がより効率的なことがわかっています。多様性を受け入れる寛容さが、グローバル化の時代を生き抜く鍵となるのかもしれません。Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.12簿記論a銀行システム論コンピューター基礎3地球科学Ⅰ演習Ⅱ坐禅経済地理a4財政学aアジア経済論a会計情報論a5協同組合論6 テレビ番組で経済が世界を動かしているというのを聞いて、深く学んでみたいと思ったのが経済学部を選んだ理由です。その中でもこの学科は、企業会計や家計をつぶさに見ていくミクロ経済と、国家経済や市場といった大きな視点のマクロ経済の両方を用いて、経済のトレンドをつかむことに特化しています。両方を有機的に絡めながら学ぶことで、より高い視点から、経済の最先端を追う力がついてきたと感じています。今、より関心があるのはミクロ経済。マクロ経済に比べると扱うものの規模は小さいですが、その分身近ですし、図形を多く用い、理論的に考えていくのは、パズルを解いているような面白さがあります。経済を通して、自分を取り巻く社会の今を読み解き、これからを予想する楽しさを味わえるのは、この学科ならではだと思います。経済の「今」から、社会を読み解く面白さにはまっています鈴木 伸枝専門:公共経済学3年次前期の時間割2019年度(予定)47KOMANABI 2019経済学部現代応用経済学科

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る