駒澤大学 大学案内2017
41/156

040KOMAZAWA VOICE 2017仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部■必修………26 必ず修得しなければならない科目◆選択必修…20 指定された範囲から、定められた単位数を修得しなければならない科目●選択………24 自らの興味関心で自由に選択できる科目専門教育科目:70単位全学共通科目:28単位(詳細はP.17)広 域 選 択 :26単位※教職課程科目および博物館学講座科目は1年次から、その他の資格講座科目は2年次から開講しています(P.131)。※教職課程・資格講座は卒業に必要な単位には含まれません。 ※他学部履修は20単位以内。※測量士補、GIS学術士、地域調査士についてはP.132参照。卒業必要単位124単位▶ 専門教育科目2017年度(予定)気候学、地形学、水文学、GISの各実習科目の他、2年次・3年次で履修する「地域調査入門」(選択)・「地域環境調査法」(必修)でのフィールドワークを通して、地域の環境についての様々な実践的な観測、観察、分析する技を学び、磨きます。多様な視点から環境問題を捉える本専攻では、気候環境や地形条件、水の循環など、多様な視点から人と自然の関わりについて学びます。地域社会における自然との共存・共生のあり方や、資源利用、災害などの地域の環境問題について総合的に考えられるよう、幅広い科目群をカリキュラムに配置しています。本専攻では教員免許の他、測量士補・地域調査士・GIS学術士の資格が取得できます。これらの資格を活かした教員、地図・測量関連の企業のほか、4年間に学んだ多様な視点や実践的な技を武器に、官公庁や一般企業でも活躍が期待されます。最近は、「これまで経験したことのない大雨」や「50年に一度の豪雨」をしばしば体験します。また、2011年3月の東日本大震災や2014年9月の御嶽山の噴火災害など、記憶に新しいところです。このような突発的な自然現象や、川や里地・里山、砂浜、湧泉など私たちに身近な自然の有り様や変化、また地域の気候の特色などについて、単に一つの専門領域からだけでなく、多様な視点から問題を捉え、人と自然との関わりについて総合的に迫ります。そのために、調査のための実践的な技法を、少人数の実習科目やフィールドワークを通じて学びます。卒業後は、地図製作、測量・不動産関係やSEなど専門性を活かした分野のほか、幅広く一般の企業で活躍しています。人と自然の関わりを多様な視点から総合的に捉える人工衛星データや空中写真などから学問的に意味のある空間データを抽出する水量や水質調査、採水試料の分析実験を通して、水環境を解き明かす雲仙普賢岳の土石流による被災跡を見学して、火山活動が及ぼす影響を考える■「リモートセンシング」の授業風景■御岳渓谷(東京都青梅市)でのフィールドワーク■長崎県島原でのフィールドワーク▶ 学びのポイント実習とフィールドワークで技を磨く地図、測量、気象、環境評価などで活躍■自然地理学入門■人文地理学入門■自然地理学実習(地図学実習含む)■人文地理学実習(地図学実習含む)■地図学◆地域環境演習A~F◆地域環境調査法(現地調査含む)A~F■地理学演習■卒業論文◆リモートセンシングA/B ◆地形学A/B ◆気候学A/B ◆水文学A/B ◆環境地理学A/B◆生物地理学A/B ◆計量地理学 ◆応用地理学A/B ◆地域計画論A/B ◆地理情報論●GIS実習 ●地域調査入門A~F ●地域概論A/B ●図学実習 ●測量学●地形学実習 ●気候学実習 ●水文学実習 ●土壌地理学A/B ●地球物理学A/B●景観地理学A/B ●人口地理学A/B ●村落地理学A/B ●都市地理学A/B ●産業地域論A/B●経済地理学A/B ●交通地理学A/B ●計量地理学実習 ●社会地理学A/B ●文化地理学A/B●文化生態学A/B ●歴史地理学A/B ●歴史地理学実習 ●地域研究論A/B ●日本地誌A/B●外国地誌A~F ●地理学特講A~I ●外書講読A/B ●第四紀学A/B ●観光地理学●地質学A/B ●海外研究A~D ●民法(総則・物権法) ●登記法(3~4年次)2年次4年次1年次3年次気になる講義は検索してみよう!P.020P.132

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です