駒澤大学 大学案内2017
39/156

038KOMAZAWA VOICE 2017仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部■必修………26 必ず修得しなければならない科目◆選択必修…20 指定された範囲から、定められた単位数を修得しなければならない科目●選択………24 自らの興味関心で自由に選択できる科目専門教育科目:70単位全学共通科目:28単位(詳細はP.17)広 域 選 択 :26単位※教職課程科目および博物館学講座科目は1年次から、その他の資格講座科目は2年次から開講しています(P.131)。※教職課程・資格講座は卒業に必要な単位には含まれません。 ※他学部履修は20単位以内。※測量士補、GIS学術士、地域調査士についてはP.132参照。卒業必要単位124単位▶ 専門教育科目2017年度(予定)本専攻では実際の体験を重視します。地域の実態を自分の目で見て、地域の人びとの話をじかに聞いてこそ、問題の本質に迫ることができます。そのためには野外調査が欠かせません。現実の体験があって初めて、机上で得られた知識やスキルが役に立ちます。地域の文化を総合的に考えるカリキュラム表を見て下さい。「文化地理学」「交通地理学」など文化現象に関わるものだけではなく、自然地理学を含む幅広い専門教育科目が開設されています。講義も実習も野外調査もあります。これらの中から、興味が持てる授業を自由に選択できます。本専攻では教員免許の他、測量士補・地域調査士・GIS学術士の資格が取得できます。とくに測量士補は非常に有利な条件で取得でき、その後の実務経験で測量士の資格が得られます。東京オリンピック開催を控えて注目が高まっている資格です。皆さんは「この町はなぜこんなに美しいのだろう」とか「ここで美味しい果物ができるのはどうしてだろう」と考えたことはありませんか? 人間の活動は場所によって様々です。だから冒頭の疑問は、場所に秘密があるのかもしれません。美しい町並みを維持するためには、地域の人びとのまちづくりの努力が欠かせませんし、美味しい果物を作るには、気候などの自然条件に加えて、都市からの距離や農業経営が関係します。地域文化研究専攻では、地域に関わる「なぜ」に、野外調査や景観観察、統計分析といった様々な方法で迫ります。本専攻で知識と経験を積んだ卒業生たちは、交通や旅行業界、都市計画、行政をはじめ、幅広い分野で活躍しています。地域に隠された秘密を様々な方法を駆使して解き明かすフィールドワーク後の班別報告を通して、地域調査の方法を学ぶ大学が所蔵する1万枚以上のアジアの地形図・海図を調査する伝統的集落景観の成り立ちを自分たちで調べて現地で発表する■「地域文化調査法」の報告風景■外邦図研究会の活動風景■佐渡島(新潟県佐渡市)でのフィールドワーク▶ 学びのポイント書をもって野に出よう地域づくりに貢献します■自然地理学入門■人文地理学入門■自然地理学実習(地図学実習含む)■人文地理学実習(地図学実習含む)■地図学◆地域文化演習A~E◆地域文化調査法(現地調査含む)A~G■地理学演習■卒業論文◆計量地理学 ◆地域概論A/B ◆村落地理学A/B ◆都市地理学A/B ◆交通地理学A/B ◆文化地理学A/B◆文化生態学A/B ◆歴史地理学A/B ◆地域研究論A/B ◆経済地理学A/B●測量学 ●地理情報論 ●GIS実習 ●産業地域論A/B ●地域調査入門A~F●図学実習 ●リモートセンシングA/B ●地形学A/B ●地形学実習 ●気候学A/B●気候学実習 ●水文学A/B ●水文学実習 ●土壌地理学A/B ●環境地理学A/B●生物地理学A/B ●地球物理学A/B ●景観地理学A/B ●人口地理学A/B ●計量地理学実習●社会地理学A/B ●歴史地理学実習 ●日本地誌A/B ●外国地誌A~F ●地理学特講A~I●外書講読A/B ●第四紀学A/B ●観光地理学 ●応用地理学A/B ●地域計画論A/B●地質学A/B ●海外研究A~D ●民法(総則・物権法) ●登記法(3~4年次)2年次4年次1年次3年次気になる講義は検索してみよう!P.020P.132

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です