駒澤大学 大学案内2018
28/164

漢文は明治の初め頃まで、日本の知識人にとってなくてはならない素養でした。当時の学者や文人たちは本場中国の文学を読み込み、独自の「意味づけ」を行うことに大変な時間と労力を費やしてきたのです。中でも文字数の限られる漢詩は、表現が凝縮されている分、同じ作品に対してもさまざまな解釈が見られます。たとえば、唐代の詩に、皇帝からの寵愛を失った女官が花園で別の女官と談笑している、という内容のものがあります。普通に読めば、「彼女は皇帝への恋慕の情を断ちきった」と解釈できますが、江戸時代の注釈には、「彼女の笑顔の裏には皇帝への深い恨みがある」としているものがあります。このことから、当時の(いまも?)日本人は、愛情と恨みを一枚のコインの裏表のようなものと捉えていた、と考えられるのです。漢文は先人の知恵の結晶です。漢文を学べば人類の財産ともいえる文学作品が読めるだけでなく、かつての日本人が「人間や世界をどのように捉えていたか」まで、推測できるようになるのです。(高山 大毅 講師:日本漢文学)国文学科のその他の演習(ゼミ)テーマもCheck!P.030国文学科文学部男:201人(35%)女:367人(65%)総計:568人2016年5月1日時点小石川後楽園(東京都文京区)でのフィールドワーク学者や文人たちは本場中国の文学を読み込み、独自れる漢詩は表現が凝縮されている分同じ作品に対小小小小小石小石川小石川小石川後石川後小石川後小石川後小石川後小石川後石川後小川後川川後川後後後後後小石川後石(東(楽園(楽園(東楽園(東楽園(東園(東東楽園(東楽園(東楽園(東楽園(東楽楽園楽園楽園園園楽園(京文京都文京京都文京京都文京京都文京京都京都文京京都文京京都文京京都文京京都文京京都文京京都文京都文京都都都都都文京京都文京文京区)での)での)区)での区)での区)での区)で区)での区)での区)での区)での区)での区区)での区区区区フィールフィールフィールィーィーフィールフィールフィールフィールフィールフィールフィールフィールフィルドワークドワークワークワークークードワークドワークドワワークドドワドドワ小石川後楽園(東京都文京区)でのフィールドワークちようあい027

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る