駒澤大学 大学案内2018
26/164

新入生セミナー(初年次教育)駒澤大学では、すべての「駒大生」の共通の基礎をつくることを主眼とし、新入生が「高校までの学習」から「大学での学修」へとスムーズに移行できるよう、初年次教育科目を設けています。初年次教育では、①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う ②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる ③他者との交流を通じて自己を磨く ④たえず流動する社会の中で自己を方向づけ、位置づけるを4つの柱とし、すべての新入生が「自立的」かつ「主体的」な学修態度を身につけられるように各学科等の専任教員がバックアップしていきます。授業内容例●学修の心得、受講マナー●学修の技術(授業の聞き方、ノートの取り方、質問の仕方など)●自己紹介(友だちを作ろう)●グループワークのための準備オリエンテーション/大学で学ぶとは?●キャンパス紹介(保健、防災、フィールドワークなど)●禅文化歴史博物館(禅の歴史にふれる)●図書館(本の借り方、探し方)●総合情報センター(PC教室)●キャリアセンター(就職情報)駒澤大学を使いこなす●「自己分析のためのワークシート」の作成●自己アピールをしてみよう●「他者紹介」などを通しての口頭発表やグループワーク●Eメールのマナー●『キャリアハンドブック』の紹介コミュニケーションの技術を身につける●資料の読み方●文章の書き方●ビジネスレターの書き方●レポート作成の注意点●レジュメ作成の注意点●プレゼンテーションにおける注意点リテラシーの基礎を身につける025

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る