駒澤大学 大学案内2017
20/156

駒澤大学の建学のもとになった仏教と禅の教えを中心に、人間について考える科目です。必修科目「仏教と人間」を手がかりとして、あくまでも学問的に仏教や禅の考え方を参照しつつ、人生の意味や社会のありかたについて自ら考える科目です。選択科目の「坐禅」の授業も、とても人気があります。宗教教育科目 「宗教」には人間性を豊かに育み、人生を充実させる側面と、視野を狭くして偏見を助長させる側面とがあります。グローバル化が進む現代社会で、宗教がもつ豊かな潜在力と、恐ろしい危険性をともに正しく理解することは、不可欠の課題です。 宗教はつねに孤立した領域としてあるわけではなく、政治・経済・教育・福祉・医療・軍事・文学・芸術・スポーツ・芸能・娯楽などの分野と、複雑に関係しています。宗教に対する深く正確な理解を通して、人間世界の不思議さや奥深さを学びましょう。教員からのひとこと池上 良正 教授総合教育研究部 文化学部門担当「健康・スポーツ実習」では「サッカー」「ジョギング」「体操・トランポリン」「テニス」「ゴルフ」「卓球」などのスポーツ実技を通じ、健康の増進や体力向上のための基本的知識や習慣を身につけます。この他に、「健康・スポーツ論」などの講義科目も開設されています。保健体育科目 「あなたは今健康ですか?」 保健体育科目では、「生涯の健康とスポーツ」をテーマに実技科目と理論科目を開講しています。健康の概念には、身体的・精神的・社会的な面が含まれており、日常生活における私たちの行動はそのほとんどが健康と繋がっています。人間関係において重要なコミュニケーションスキルの有無も健康になるための方法の一つであり、これらの役割を担っているのが保健体育科目なのです。 健康的な生活を送るための基礎知識(生活習慣や人と接する事の大切さ、協力することの喜び等)を身につけ、その方法論を学び、笑顔の絶えない楽しく有意義な毎日を過ごしましょう。末次 美樹 准教授総合教育研究部 スポーツ・健康科学部門担当全学共通科目授業内容をみてみようP.101教員からのひとこと授業内容をみてみようP.103全学共通科目駒澤大学の学び019

元のページ 

page 20

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です