駒澤大学 大学案内2018
19/164

 禅はいまから約1,500年ほど前、菩提達磨によってインドから中国にもたらされたとされ、中国において東洋の思想や文化の影響を受けて大いに発展し、日本へと伝わりました。禅は日本の文化や習俗に大きな影響を与え、その素朴で端正な教えや実践は、海外の人々の関心も呼んでいます。仏教学部では1・2年次の学科区分を設けておらず、1・2年次では仏教全般の基礎を確実に身につけます。そして、3年次以降、禅学科では、中国や日本の禅を中心に専門的な研究を行います。皆さんの関心や目的に十分に応えられる多彩な教員を揃え、禅の様々な分野の講義が行われています。卒業後は曹洞宗の僧侶として活躍する人はもちろん、多様な分野に就職し活躍しています。仏教全般にわたる知識を身につけた上で、禅の歴史や教えを学ぶ仏教学部文学部経済学部法学部経営学部医療健康科学部グローバル・メディア・スタディーズ学部◆中国禅と道元禅の比較研究◆洞山良价の思想研究◆道元禅師伝の研究◆瑩山禅師の伝記と思想◆曹洞宗の読誦経典について◆江戸幕府と曹洞宗―本末制度と寺院統制―◆不殺生戒に関する一考察◆現代寺院のあり方について◆仏教と女性◆枯山水の変遷について「仙厓」という江戸時代の僧侶の禅画を研究しました。仙厓の画は難しい禅の教えを感覚的に理解させることを目指しており、庶民に向けた禅の布教に大きな影響を及ぼしました。一度見ると忘れられないキャッチ―なデザインや愛くるしいキャラクターは現在の「ゆるキャラ」にも通じるものがあり、時代を越えた「日本人の好み」を見ることができるように思います。この研究を通して、日常のふとしたものと歴史との関連性を考えるようになりました。▶ 私の研究テーマ▶ 卒業論文・研究課題例山口 大地禅学科 4年静岡県立浜松南高等学校 出身禅学科には10名の専任教員がいます。専門分野は、中国禅宗史、中国禅思想、日本禅宗史、曹洞宗学、臨済禅、禅美術等と多岐にわたり、皆さんの知的関心に応え、禅に関する研究を幅広く指導できる教員が揃っています。1・2年次は学科の区別なく、共通のカリキュラムで仏教全般の基礎を身につけます。1年次では導入科目を中心に集中して基礎を学びます。2年次では少人数の「基礎演習」で知識を深め、3年次以降の学科選択がスムーズにできるよう指導します。3年次になると少人数での演習、いわゆる「ゼミ」が必修科目となり、禅に関する文献を中心に講読が行われます。皆さん自身による研究成果の発表や、先生や仲間との討論は、皆さんの知的興味を満足させ、また禅の教えは自ずと豊かな心を育んでくれるでしょう。▶ 学びのポイントはばひろい基礎教育充実したゼミ多彩な教授陣本格的な坐禅堂での坐禅は貴重な体験となる海外の禅についての研究発表世界各国において禅(ZEN)は大きな広がりを見せている禅を扱った海外の書籍「坐禅」の授業漢文読解の力を身につけるとともに禅の思想を学ぶ真字『正法眼蔵』ゼミの授業風景018KOMAZAWA VOICE 2018

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る