駒澤大学 大学案内2019
18/92

Department of Buddhist Studies1・2年次は学科の区別なく、共通のカリキュラムで仏教全般の基礎を身につけます。 1年次では「仏教学入門」などの導入科目を中心に基礎を学びます。2年次では仏教の歴史や思想についての知識を深め「基礎演習」で3年次の学科選択がスムーズにできるよう指導します。仏教学部仏教学科仏教全般にわたる知識を身につけた上で、仏教の歴史や教えを学ぶ 学科の特色はばひろい基礎教育仏教学科には14名の専任教員がいます。専門分野は、インド哲学、インド仏教、チベット仏教、中国仏教、日本仏教、仏教美術、宗教学等と多岐にわたり、皆さんの知的関心に応え、仏教に関する研究を幅広く指導できる教員が揃っています。多彩な教授陣3年次になると少人数での演習、いわゆる「ゼミ」が必修科目となります。ゼミでの発表や討論はかならずや皆さんの知的興味を満足させてくれるに違いありません。また、ゼミでの友人との交流は学生時代ばかりでなく将来にわたるかけがえのない宝となることでしょう。充実したゼミ総計:249人(3・4年生)2017年5月1日時点女子:56人(22%)男子:193人(78%) 4年間の流れと身につく力■ 歴史、思想、文化などを多面的に考察し、豊かな人間性をはぐくむ。■ 特定の宗派に限定されない、幅広い仏教の知識が養われる。■ 仏教や禅を学ぶことで、生き方を常に考えられるようになる。4年間で身につく力■ 釈尊の無我思想について■ 『法華経』における女性観■ 世親のアーラヤ識説■ 『涅槃経』の仏性思想   ■ アティシャの研究 卒論テーマ・研究課題例■ 梁の武帝の仏教信仰■ 中国における仏教弾圧の歴史■ 徳一と最澄の三一権実論争■ 観音信仰と巡礼に関する一考察■ 第二次世界大戦中における仏教思想1・2年次は仏教学科と禅学科の区別はなく、仏教の歴史・思想・文化に関する教養や、文献読解に必要となる語学(中国古典語・サンスクリット語・その他)など、仏教を研究する上での基礎を学ぶ。3年次からは、学生個々の知的関心に従って専門分野を選択し、必修科目の「演習Ⅰ」「演習Ⅱ」を中心として研究に取り組む。禅に関連する分野に興味を抱いた場合には、禅学科の専門科目を履修することも可能。1・2年次3・4年次約2,500年前にインドで生まれた仏教はアジア全域に広まりましたが、時代や地域によりその形態はさまざまです。本学科では14名の専任教師により、日本、インド、チベット、中国、朝鮮半島、スリランカ、東南アジアなどの世界各地の仏教はもちろん、キリスト教やイスラム教といった、世界の幅広い宗教を学べるのが特色です。▶学科 TOPICS幅広い宗教教育僧侶ばかりでなく、卸・小売、サービス、製造業などさまざまな分野に就職しています。卒業後の進路アライヘルメット/伊坂美術印刷/全農ハイパック/キッコーマン/久月/叶匠寿庵/アベコー/住信SBIネット銀行/きらやか銀行/東急グルメフロント/アースサポート/JTBグローバルマーケティング&トラベル/ノバレーゼ/東急セキュリティ/杉孝/教員/本山安居主な就職先取得可能な資格※2017年3月卒業生実績※詳細はP83をご覧ください。※詳細はP75をご覧ください。16

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る