青山学院大学 大学案内2018
98/164

エレクトロニクスの技術革新のために材料分野から切り込み、その先鞭をつけたい。単に電気電子工学といっても回路、電波、半導体…と多様な分野があるため、各々の基礎から専門まで深く学べる本学科は、自分の進むべき道を見出しやすい環境だと思います。私自身は技術発展に欠かせない材料開発に特に魅力を感じ、究極の材料といわれるダイヤモンドの合成を手がける本研究室へ。すでに世界最大の単結晶に近いダイヤモンド基板の作製技術を有しており、その成長用下地となるIr*薄膜の高品質化が私の担当です。自らの手で実験し考察することで疑問を解いていく手応えは、3年次の「電気工学実験Ⅰ・Ⅱ」で初めて味わった感覚です。現在の研究で世界の誰も知らない成果が得られたこともあり、技術革新に直結する夢のある研究です。大学院でさらに追究を続け、社会に役立つ研究開発の仕事をめざします。電気電子工学科Department of Electrical Engineering and Electronicsダイヤモンドは今、革新的な光エレクトロニクス材料として輝きを増しています。このダイヤモンドを用いて、実用化に必要不可欠な高品質・大面積単結晶基板を作製するための技術開発と、結晶の高品質化に関する研究も精力的に推進しています。結晶工学研究室* Ir = イリジウム理工学部 電気電子工学科4年福岡・私立東福岡高等学校出身澤邊厚仁 教授理工学部96

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る