青山学院大学 大学案内2017
94/164

学科を問わず理工学部全員が1年次に履修する共通の実験・実習、必修6科目のひとつ。高校の物理と1年次に学ぶ物理学の基礎事項を、自分の目と手を使い実験によって確認。誤差の概念や実験結果のグラフによる表現、まとめ方などを学びつつ、大学レベルのレポート(自分の頭で客観的な事柄としてまとめて表現する)を書き上げる訓練をします。2~3名のグループを組み、重力による加速度、力と力のモーメント、音速の測定、放射線の測定、流体、電気的振動、屈折率の測定などに取り組みます。理工系学問の基本を身につける「物理基礎実験 Ⅰ ・ Ⅱ 」物理・数理学科全学科1年次必修計算を通して、抽象概念に親しもう「応用初等代数」2年次選択必修代数の入門授業です。初等整数論から始め、環や体といった代数系の基礎概念を、例をあげて学びます。代数系では、その定理が抽象的な形で述べられることが多いため、理解するにはある程度の慣れが必要です。この講義では、整数や多項式など馴染みのある対象を用いて実際に計算を行い、その体験によって環や体の基本的な概念に親しみます。その上で、例えば、初等整数論の最も基本的な定理のひとつであるオイラーの定理など、抽象的な定理を咀嚼する能力を高めていきます。研究テーマの選定に役立つ「物理専門実験 Ⅰ ・ Ⅱ 」「数理専門実験 Ⅰ ・ Ⅱ 」3年次必修現代物理の最前線を探究する「超伝導」3年次選択必修固体(物性)物理分野の授業です。固体がもつさまざまな物性は、それぞれ多様な機能の発現につながります。例えば、超伝導現象。常温での電気抵抗ゼロをめざす超伝導の探究は現代物理学の重要テーマです。この超伝導体(反磁性と超伝導現象の特徴、物性制御、機能制御)を中心に、半導体、誘電体、磁性、光物性(レーザー、物質の色など)を取り上げ、基本的な固体物性がどのような機能として現れるのかについて学び、そうした機能の制御に関する知識を修得します。“講義”で学んできた現象や演習を体験的に理解する“実験”授業です。コースごとに、複数の教員がオムニバス形式で担当。「物理専門」では、量子力学・電磁気学・相対論などで学んだ現象(高温超伝導・X線回折・超音波・相対論的効果など)を実際に観測、シミュレーション。測定装置の取り扱い方も習得します。「数理専門」では、各種問題演習(解析、線形代数、微分方程式、幾何、確率統計など)に取り組み、知識をしっかりと定着させます。ともに、研究テーマ選定の参考になります。Pick Up!研究室物性物理学理論理論物性物理学研究/望月維人●量子力学を用いた磁性体・超伝導体の物性研究●物質の光機能デバイス機能の理論設計固体電子物性理論、計算機物理学研究/古川信夫●巨大磁気抵抗物質や高温超伝導体における量子多体効果●コンピュータシミュレーションを用いたデバイス材料の物質設計複雑系の物理摩擦の物理/松川 宏●紙から分子、粉体、地震に至る様々な摩擦現象を、理論的数値的及び実験的に研究し、その普遍性と個性を解明する物性物理学実験超伝導体、機能性物質の研究/下山淳一●新しい高温超伝導体の設計と探索●機能性物質の開発と物性制御原子・分子・光物理に関する実験研究/前田 はるか●「原子と光の相互作用」に関する研究●「光を用いた原子の量子」に関する研究物性物理(超伝導、電荷秩序)研究/北野晴久●超伝導体や電荷秩序物質における電荷ダイナミクスの探求●固有ジョセフソン接合の位相ダイナミクス解明と量子ビット応用生物物理学実験固体物理、生物物理、高分子物理研究/西尾 泉●水溶液中の水分子の作る動的ネットワーク構造の研究●レーザ光ピンセットを使った生体高分子等の間に働く力の測定表面科学、生物物理学研究/三井敏之●細胞のダイナミクス●ナノデバイスの生命科学への応用宇宙物理学理論宇宙物理学の理論的研究/山崎 了●ブラックホール誕生の瞬間、ガンマ線バーストの起源●高エネルギー宇宙線、高エネルギーガンマ線の放射天体の解明宇宙物理学実験高エネルギー宇宙物理学、トランジェント天体研究/吉田篤正●人工衛星等を用いた天体現象の観測的研究および観測装置の開発●主にX線・γ線領域での観測にもとづく突発天体現象の研究数理科学確率論と偏微分方程式論の研究/市原直幸●確率最適制御問題の研究●ハミルトン・ヤコビ・ベルマン方程式の研究数値計算基本アルゴリズムの研究/杉原正顯●Sinc近似に基づく超高精度数値計算アルゴリズムの研究●大規模連立一次方程式の数値解法の研究微分方程式、数理生物学研究/竹内康博●生物を含む複雑現象の数理モデルを用いた解明●伝染病の伝播、HIVと人間の免疫系の闘いなど微分方程式の表現論による研究/谷口健二●リー群や、リー環の表現論に現れる微分方程式系の解析●表現の幾何学的不変量の構成とべき零軌道の幾何位相幾何学に関する研究/中山裕道●力学系理論の位相幾何学的研究●低次元トポロジーの研究リー群の表現論の研究/西山 享●リー群や、リー環、量子群などの表現論の代数的手法による研究●表現論に現れる幾何学や組み合わせ論、不変式論の研究非線形可積分系/増田 哲●パンルヴェ方程式、離散パンルヴェ方程式の研究●非線形可積分方程式の解の構成確率論とその応用に関する研究/松本裕行●確率過程がもつ諸量の確率分布についての研究●確率解析を用いた微分作用素の解析92

元のページ 

page 94

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です