青山学院大学 大学案内2018
91/164

やがて自分の知となり力になる。幼少時代、好奇心の赴くまま時間を忘れて遊んだ記憶があるでしょう。私は、昆虫に夢中になった。早朝近くの雑木林に向かい、オニヤンマがさなぎから羽化し成虫となって飛んでいくまで眺めていた。その頃読んだのはもちろん、ファーブル昆虫記。昆虫たちの生態や営みが丹念に書き連ねられ、その鋭い観察眼にただただ感動を覚えた。彼が若い頃から手がけたその観察記録は、好奇心と知の積み重ねの偉大なる産物。かくいう私は、興味の対象を昆虫からラジオ作りへと変え、次はアマチュア無線にのめり込んだ。私の好奇心はいつの間にか確かな知として脱皮を遂げ、私の今を形成している。学びに無駄はない。その一つひとつは有機的に結びつく。やがて社会に出た時に、それは必ず自分の糧になっているはず。大学4年間、皆さんには旺盛な好奇心で興味の対象物を見つけ、限りなく広がる学びのフィールドを闊歩してほしいですね。理工学部長 橋本 修 教授写真 左から:電気電子工学科 3年/機械創造工学科 3年/化学・生命科学科 3年/理工学部長 橋本 修 教授/情報テクノロジー学科 3年/経営システム工学科 3年/物理・数理学科 3年〔相模原キャンパス K棟2階にて〕好奇心は学びの源。ファーブルが偉大な観察記を残したように

元のページ  ../index.html#91

このブックを見る