青山学院大学 大学案内2017
84/164

総合文化政策学部総合文化政策学科Department of Cultural and Creative Studies毎日の生活を楽しく、豊かに  。“文化”をかたちにするためにアイデアを練り、IT技術を磨いています。本学科の魅力を問われたら、まずは、実践的に学べる「ラボ・アトリエ実習」だと思います。私は2年次に、文系学部ではめずらしいスマートフォンアプリを制作するラボを履修したことで、高校時代の留学経験で培われた“文化”に対する漠然とした興味が明確になりました。ゼミはその延長線上にあり、最先端の技術や情報にふれられる絶好の環境です。3DCADソフトを使って設計し、3Dプリンタで立体化を試みたり、センサープログラミングを具現化した照明のプロトタイプを制作したりと、実際に手を動かして学び、使いやすく生活をより楽しく豊かにするものづくりをめざしています。卒業研究では、毎日の生活にささやかな豊かさをもたらすものを創りたい! 日常の何気ない現象をヒントにアイデアを練り、技術を高める実践に専念しています。総合文化政策学部 総合文化政策学科3年ニュージーランド・公立Orewa College出身大野雄生コンピュータをどのように介在させると生活がより楽しく豊かになるか? 「使いやすいコンピュータシステム」をめざして、最新のIT概念にもとづくものづくりに取り組んでいます。実際に3DCADや3Dプリンタを用いてプログラミングやプロトタイプを作成し、手で確かめながら進めていきます。大島正嗣 教授「使いやすいコンピュータシステム」を作るために82

元のページ 

page 84

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です