青山学院大学 大学案内2018
83/164

文化を創造すること。現場の中に身を置くこと。理性と感性と行動力。写真左から:総合文化政策学科主任 竹内孝宏 教授/総合文化政策学部長 堀内正博 教授/総合文化政策学科 在学生〔青山キャンパス 15号館(ガウチャー・メモリアル・ホール) ガウチャー記念礼拝堂にて〕総合文化政策学部長 堀内正博 教授例えば、絵を描く。小説を書く。あるいは歌を作る。でも、それだけでは「文化」にはならない。それを世に送り出し、人々に影響を与え、社会を動かすにはどうしたら良いのか。つまり文化を創造するには何が必要なのか。言葉にしてみると、あっけないほどシンプルに見えるかもしれない。しかしこれが、総合文化政策学の最も根源的な問いかけです。時代の要求を敏感にキャッチして、形にする。それには、キャンパスを飛び出して、リアルな「現場」のまっただ中に身を置くこともまた、絶対に欠かせません。街に出て... 劇場で芝居を観て... 知らない町の祭りに混ざってみるのも良いでしょう。感じる心を大きく広げ...

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る