青山学院大学 大学案内2019
83/164

関心のある研究テーマについて、自ら問題を設定し、解決策を提示できるよう、卒業論文にも取り組みます。専門的なテーマ別の講義科目、ワークショップ、演習によって、マーケティングをより専門的に学びます。“売れる”仕組みづくりを考えることが本来のマーケティングですが、本学科が提唱する「青山マーケティング」とは、企業側の発想である“売り込む”立場からではなく、顧客(消費者)の視点で発想し、“買いたい”と思わせる仕組みづくりをめざすものです。本学科ならではの“幸福感”から発想する最先端のマーケティングを学科コンセプトとして掲げ、誰もがワクワクし、真に心豊かになれる“何か”を創造する仕組みを学問的に体系化し、理論と実践の双方から探究します。そのため、企業内部の意思決定と企業外部(社会・市場・消費者)との関係を重視し、学ぶことはもちろん、国際的視野や文化的センスをも養います。こうした学びと専門知識を統合した本学科独自の「青山マーケティング」によって、目的をもってその主導者となる先進的マーケターを育成していきます。※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。めざすべき人物像共感力と企画・提案力を有したビジネスパーソン。Student’s Voice3年次4年次「こんなにおもしろい学問があるのか!」。オープンキャンパスで模擬授業に参加し、雷に打たれたように感動したのを今でもよく覚えています。入学前から楽しみだった「マーケティング・ベーシックス」では実践を通して自分に必要な学びを発見し、深い問題意識をもつきっかけになりました。3年次にはサンフランシスコ州立大学へ留学し、日本ではまだ科目としては確立していないデジタルマーケティングを学ぶ機会も得ました。また、本学部の「経営学部学生リーダーズSBSL」では実際にマーケティング活動を行い、常に将来のビジョンを描く学びや活動ができて良かったと思います。青学授業要覧※各学科の専門科目に、青山スタンダード科目、自由選択科目を合わせて卒業に必要な単位を修得します。詳しくは単なる商品の販売ではなく、本質的な価値の創造や社会貢献の重要性に気づきました。経営学部 マーケティング学科4年 │ 神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校出身楡井 みのり文学部教育人間科学部経済学部法学部経営学部国際政治経済学部総合文化政策学部理工学部社会情報学部地球社会共生学部●企業法務 Ⅰ ・ Ⅱ ●交通論 Ⅰ ・ Ⅱ ●コーポレート・ファイナンス Ⅰ ・ Ⅱ ●リスク・マネジメント論 Ⅰ ・ Ⅱ など●Eective Negotiation ●Written Agreements ●Eective Speech ●Academic Presentation ●国際文化演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●国際経営論 Ⅰ ・ Ⅱ など●流通情報システム論A・B ●マーケティング特論A~F ●マーケティング・ワークショップA~E ●広告コミュニケーション ●マーケティング・コミュニケーション ●サービスマーケティング ●ソーシャルマーケティング ●関係性マーケティング ●ブランド・マネジメント ●消費者行動論 ●マーケティング・リサーチ ●マクロ・マーケティングA ●MacromarketingB ●流通政策A・B ●経営演習 Ⅱ (1)・ Ⅱ (2) など●サプライチェーンと意思決定法A・B ●グローバル製品戦略 Ⅰ ・ Ⅱ ●証券投資論 Ⅰ ・ Ⅱ ●意思決定会計論 ●国際会計論 Ⅰ ・ Ⅱ ●サプライチェーン・マネジメントA・B など●国際開発経済論 Ⅰ ・ Ⅱ ●地域経済学 Ⅰ ・ Ⅱ ●産業組織論 Ⅰ ・ Ⅱ ●民法A~D ●経済法A・B ●労働法A・B など演習(Seminar)の詳細はP.83へ81

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る