青山学院大学 大学案内2018
75/164

世界は遠く離れたところではなく、今、立っている場所からつながっているのです。世界の問題って、自分とは無縁の遠く離れた海外での出来事のように感じていませんか?本当は世界はとても身近な場所にあります。自分の隣の人からどんどんつながり、広がっているのです。自分の立っている位置から地続きに世界があると実感できることが、グローバルな人材になるために必要です。ITなどの発達で日本にいながらリアルタイムに世界と通信し、意思決定ができる現代は、どこにいてもグローバルです。もちろん海外に行き、訪れたその国に友人をつくることも大事。友人がいることで、その国の出来事を自分のことのようにとらえられるようになるからです。「観察しましょう」と学生にはよく言っています。社会で起こっていることの真理を探ると、物事の真実が見えてきます。それは社会科学を学ぶ醍醐味でもあるでしょう。皆さんには自分のいる場所で、世界の人と協働して、社会に価値をもたらすことを期待しています。そして、その意味を考えながら、自分の生きる道を見つけてほしいと思います。国際政治経済学部長 内田達也 教授写真 左から:国際経済学科 3年/国際政治学科 3年/国際政治経済学部長 内田達也 教授/国際コミュニケーション学科 3年〔青山キャンパス 17号館6階 本多記念国際会議場にて〕

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る