青山学院大学 大学案内2018
7/164

5AGU TOPICS大学駅伝3冠を達成!!“史上初”を支えたアディダスとのパートナーシップ。青山学院大学・アディダス ジャパンアディダスジャパンは、陸上競技部(中・長距離ブロック)とオフィシャルパートナーシップを結び、ユニフォームやシューズの提供を行っています。また、同時に選手は、新商品のテストやフィードバックを通じて商品開発にも協力しています。2016年度には、第93回東京箱根間往復大学駅伝競走での往路・復路総合優勝、第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走連覇、秩父宮賜杯第48回全日本大学駅伝対校選手権大会初制覇を達成しました。さらに箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠という、史上初の快挙も成し遂げています。B.LEAGUE(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ、Bリーグ)に参加する「日立サンロッカーズ東京・渋谷(サンロッカーズ渋谷)」のホームアリーナとして青山学院記念館が使用されています。プロスポーツのトップリーグの本拠地として大学の体育館が使われるのは初めてのことです。地域連携やバスケットボール文化の振興のシンボルとなり、大学の枠を超えたコミュニティとなることをめざしています。サンロッカーズ渋谷には本学バスケットボール部出身の広瀬健太選手、伊藤駿選手が所属し、今後の活躍に期待が集まります。その他の地域連携では、滋賀県米原市と共同で「MAIBARA水企画」を提案し、米原市の源水(ミネラルウォーター)の商品化に向けた企画やイベントを開催しました。また、本学は「母の日」にちなんだ礼拝を国内で初めて行い、カーネーションを贈る慣習の礎を築きました。その縁からカーネーションの栽培が盛んな静岡県賀茂郡河津町や、また、英語特区への教育の支援を含めて岡山県総社市や福岡県田川市とも包括的な連携協定を結ぶなど、さまざまな地域との連携を行っています。マーケティング課題に取り組み、「MeCAMPat青山学院大学」を開催。パートナーシップ契約の活動の一環として、2016年度は「adidasprojectメンバーとマーケティングにチャレンジ~女性も利用しやすい購買会アディダスコーナーにするには」をテーマに実施しました。取り組んだ学生チームの成果として、2016年10月12日に「MeCAMP at 青山学院大学」を開催しました。MeCAMPとは、アディダスが女性向けに定期的に開催しているスポーツイベントで、今回のイベントは、リニューアルした購買会アディダスコーナーを周知させる、といった学生の提案を実現させたものです。TOPIC1スポーツや教育領域など多彩に広がっています。本学では産学連携の一環として、2013年からアディダス ジャパン株式会社とスポーツ分野におけるパートナーシップ契約を結んでいます。スポーツを通じた人材育成や国際交流、スポーツ文化の振興、スポーツ技術の向上を目的に、相互に協力、提携、交流を図り、スポーツの発展に貢献していきます。TOPIC2社会貢献をめざし、地域と連携を結んだ異色のコラボレーションに大きな期待がふくらみます。ⓒ報知新聞社感動の箱根駅伝3連覇フィットネスセンターでBalletoneを行った時の様子伊勢路を初制覇産官学の新たな取り組みが話題に白熱したゲームに沸く青山学院記念館

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る