青山学院大学 大学案内2019
68/164

誰もがイキイキと暮らせる世の中を実現するために、新しい発想力で経済システムをデザインする力を養います。1年次現代経済デザイン学科Department of Public and Regional EconomicsPick Up!公共政策について、本学科ならではの経済学の視点で考えます。まずは、わが国における公共政策の制度を理解し、その上で実際に施行されている制度が、どのような経済学的根拠をもっているのか、また、それが発揮する効果の有無についても考察します。公共政策の中でもこの授業では、主に国と地方自治体の関係にまつわる政策を取り上げ、地方財政をはじめ、市町村合併、道州制、地方分権、少子高齢化と人口減の中でのまちづくりなどをテーマに検討を加えていきます。公共政策の経済学GIS関連科目(2学科共通)GIS(Geographic Information System)とは、PC上でデジタルマップに統計データを重ね、現実世界を空間的に分析するツール(地理情報システム)のことです。GISを用いれば、商業立地・公共施設の配置・人口分析・農業分布など、さまざまな対象についての高度な空間分析を簡単に行うことができます。本学部では、GISの仕組みや操作、分析方法を学べる科目(「GIS入門・応用」「GISによる空間分析 Ⅰ ・ Ⅱ ・ Ⅲ 」)を開講しており、年次が上がるにつれて、より高度かつ詳細な空間分析に取り組みます。より良いコミュニティづくりに活かすGISについて、基礎から応用まで学ぶ2年次経済学部経済学の基礎となるコア科目を学び、2年次への学びにつなげます。2年次後期から「公共コース」と「地域コース」に分かれ、専門分野への理解を深めます。※太字の科目は必修科目です。*が付く科目は、第7・8セメスターに開講する上級科目です。第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター地域分野公共分野地域コース(リージョナル・デザイン)地域分野科目群公共コース(パブリック・デザイン)公共分野科目群学科コア科目●現代経済デザイン総合講義 ●ミクロ経済学講義 ●ミクロ経済学演習 ●公共哲学 Ⅰ ・ Ⅱ ●公共経済学 Ⅰ  関連科目●ツールとしてのゲーム理論 ●情報の経済学 ●グローバル経済A・B・C ●経済地理 ●経済地誌 ●データ解析  外国語科目●ファンダメンタル・イングリッシュA・B ●リーディング・コンプリヘンション Ⅰ A・B ●リーディング・コンプリヘンション Ⅱ A・B  関連科目経済学科科目、法学科目、経営学科目、国際政治経済学科目、人文・社会学科目も履修できます。 ●公共地域政策論(公共)など4科目  総合科目(分野横断科目)●フィールドスタディ  実践科目演習科目66

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る