青山学院大学 大学案内2017
68/164

企業人として最大限のパフォーマンスを発揮するために、実践的に学び、経営マインドを高めています。将来、企業への就職を想定した時、経営学は身近な学問。そう考えて進んだ本学科で得たものは多く、学んできた企業会計や事業戦略の知識は、就職活動の具体的な企業選びに役立っています。経営に関する実践的授業が多いのも魅力で、仕事の上では、誰もが経営者の視点をもつべきだと学べたことは収穫でした。ゼミでは、ある企業を訪問し、その役員にプレゼンテーションを行うため、今は、同業他社の財務や事業と比較し、問題点や推進すべき事業等をまとめています。自分なりに構想を文章化する際、参考になるのが「事業戦略論」。また、「ユダヤ文化とビジネス」は、ビジネス界に優秀な人材を多く輩出するユダヤ人の考え方が学べ触発されます。将来は、その企業と共に成長していける、そんな環境に身を置きたいです。経営学部 経営学科3年埼玉県立朝霞西高等学校出身小峰 凌経営学部経営学科Department of Business Administration「企業会計」の目的は、貨幣という共通の尺度で企業活動を認識・測定し、これを財務諸表を通じてアウトプットすること。また、この財務諸表を詳細に分析する手法が「経営分析」。数的証拠に裏づけられたこれらの知識を駆使し、企業の活動状況とその結果を読み取る力を養います。尹 志煌 教授企業会計および経営分析に関する研究66

元のページ 

page 68

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です