青山学院大学 大学案内2017
62/164

まったく未知の分野だった“法学”は、勉強すればするほど、おもしろい!向学欲が増し、大きな成長を実感しています。大学で何を学ぶか? そう考えた時、まったくイメージできなかった法学に、逆に興味を覚えました。転機は2年次。独占禁止法がテーマの「入門演習」で、文献を正確に読み、インプットした知識・情報を自らの頭で整理し、考えを説得力ある発言としてアウトプットすることの楽しさを知りました。これで自信も意欲も高まり、この授業担当の岡田准教授のゼミへ。日米の独禁法に関して2チームに分かれ主張・反論するため、図書館に通い詰め、企業法務や銀行取引法の授業も履修し、チーム内で何度もディスカッションを展開。「できるかできないかではなく、やるかやらないかだ!」先生の熱い言葉に奮起して激論を交わし切磋琢磨しています。主張を的確に伝える会話力も向上。社会で必要とされる能力を今、伸ばせていると自負しています。法学部 法学科3年栃木県立鹿沼高等学校出身川村尚輝法学部法学科Department of Law経済問題に関する法的研究として、“経済憲法”とも呼ばれる独占禁止法を扱います。企業統合、市場覇権をめぐる企業間の争い、談合問題等、卒業後どの分野で働いても身近に感じる実例を取り上げ、専門知識と思考技術を磨きます。討論・交渉などの実践を重視し、そのスキル修得もめざします。岡田直己 准教授独占禁止法(経済憲法)と競争政策60

元のページ 

page 62

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です