青山学院大学 大学案内2018
62/164

法律の専門性に磨きをかけ、理想の政治、より良い社会を模索しています。社会生活を送る上で誰もが関わるのが、法律です。その知識を深めれば、将来の選択肢が広がるのではないか。また、都心に立地する本学で学ぶことは、日本の中心地で学ぶことです。そこに身を置き、視野を広げたいと思いました。裁判傍聴の課題では、実際に裁判所を訪れ、学んだ知識を自分の肌で感じ、また、国会議員のインターンにも参加できました。専門分野に関しては、1年次に履修した「政治学原論」を基点に、歴史的考察、政治システムの各国比較…と学び進め、“理想の政治の在り方”という答えのない問いに深く迫る本ゼミへの所属を決めました。また、私は公務員志望なので、自らの将来に直接つながる憲法、行政法、具体的判例などの勉強にも邁進しています。専門性の高い法律という武器に磨きをかけ、国家試験に挑みます。法学科Department of Lawより良き社会の実現をめざすことは、明確なゴールが見えない迷宮を彷徨うようなものです。そうした迷宮の中での灯りとなる社会科学的な姿勢(論理や哲学などの重視)を、研究報告や討論・熟考の実践を通じて、修得していきます。社会科学的思考の迷宮の散策̶化学変化としての政策の論究,政治における物理的法則の探究̶法学部 法学科3年静岡県立静岡高等学校出身松田憲忠 教授法学部60

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る