青山学院大学 大学案内2018
54/164

喫緊の経済課題を追究するうちに、視野は、ワールドワイドに広がっていきました。経済学を志したのは、得意の数学が活かせそうな点と、政治・経済の経済分野に興味があったためです。必修が少なく、学びたい科目を自由に選択できると知り、本学科に進学しました。数学を活かせる分野の統計と出合い、その統計データをもとに自分の頭で考察する醍醐味を知りました。また、2年次に履修した「国際経済学」をきっかけに、この分野のゼミへ入りました。トマ・ピケティの『21世紀の資本』をもとに、世界的課題である所得格差について研究中です。韓国人の高先生が主宰する本ゼミには中国からの留学生が2名所属しています。さらにゼミ合宿では韓国を訪れ、高麗大学の学生と議論するなど海外文化に直接ふれることで、所得格差の現状に対する見方も深まりました。日本だけでなく世界へと視野が広がった今、積極的に世界と関わる仕事をめざしています。経済学科Department of Economics国際金融・オープンマクロ経済学の基礎知識を輪読により修得した上で、経済理論と現実経済の関わりを理解します。そのため、日本経済・国際経済について具体的テーマを取り上げ、学習・分析を行います。プレゼンテーション能力の向上も重視しています。国際金融論・オープンマクロ経済学の諸問題経済学部 経済学科3年静岡県立藤枝東高等学校出身高 準亨 教授経済学部52

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る