青山学院大学 大学案内2018
53/164

めぐってくるチャンスをつかむために、関心のアンテナを無限に広げてほしいと願います。日本の高度成長と共に育った私は、豊かになる社会を実感できる幸せな子ども時代から一転、オイル・ショックに見舞われ、物がなくなることを実体験することになります。ニュースや新聞ではいろいろな人がさまざまな考えを語っていました。ちょうど大人へと近づく頃で、「これから日本はどうなるのだろう」と、世の中を見渡す時期に重なったこともあり、「どの意見が信頼できるのか自分で確かめよう」。それが経済学部へ進学するきっかけでした。経済の話は難しいという声を耳にすることがあります。経済学に限ったことではありませんが、「外国語を学ぶのと同じです」と言っています。きちんと文法を学習し、ボキャブラリーを増やし、自らの意志を発信できるツールとなれば、より身近な学問に発展していきます。最初、文法は無味乾燥だと思うでしょうが、それを乗り越えるとその先に見えてくるものがあります。誰かの意見がなぜその結論に至ったかを理解できると、学ぶことが飛躍的に楽しくなるはずです。「運命はチャンスに備えて準備すること」という寓話があります。運が良い人は、人生の中で幾度かめぐってくるチャンスを活かせるように準備を常に心がけているということです。関心のアンテナを広げ、経済学を学ぶことは、きっとチャンスをつかむための準備につながるでしょう。経済学部長 中村 まづる 教授写真 左から:経済学科 3年/現代経済デザイン学科 2年/経済学部長 中村 まづる 教授〔青山キャンパス 17号館2階 デッキテラスにて〕

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る