青山学院大学 大学案内2019
49/164

4月にゼミナール登録を行い、選択したゼミナールで学びを深めます。研修旅行も実施しています。ゼミナールを中心に、専攻テーマを探究します。特別演習として、卒業論文にも取り組みます。歴史学とは、史料や事実をふまえ、人間と社会の背後にある真理を明らかにしていく科学的・実証的な学問です。本学科では、史料を解読・分析するだけでなく、学生同士で議論を重ね、さらには研修旅行での史跡調査などによって、自らの歴史観を確立していきます。学びは、まず1年次の概論によって、史学に関する幅広い視野を養うことからスタートします。2年次からは、「日本史」「東洋史」「西洋史」「考古学」の4コースに分かれ、興味のある分野を専門的に探究します。本学科ならではの主体的に真実を探り当てる“読み解く歴史”を通して、激動する世界を偏見のない目でとらえ、自分の見解をきちんと表明できるスキルを身につけていきましょう。こうしたことで得られたスキルは、より良い未来を切り拓いていくための知恵にもなるはずです。※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。めざすべき人物像歴史学や考古学を通して、今日の世界情勢や文化を総合的に分析し、自己の確立や他者への理解を育み、未来への展望を切り拓くことができる人材。Student’s Voice3年次4年次高校の歴史では学べない深いところまで知りたいと思い進学を決めました。本学科は1年次に西洋史、日本史、東洋史、考古学をひと通り学び、2年次から自分が専門に探究したいコースを選択します。私は日本史を選びましたが、交易や戦いなど他国との関わりが重要で、特に考古学とは密接に関係するので、一度習っているのといないのとでは理解に大きな差がでると実感しました。専門を深めるうちに事象の予想外のつながりを発見し、知識や視野が広がることは学びの醍醐味でもあります。本学で学んだ「幅広い視野でひとつの物事を多角的に見る」能力は社会に出ても多様な場面で生かせる力だと思います。青学授業要覧※各学科の専門科目に、青山スタンダード科目、自由選択科目を合わせて卒業に必要な単位を修得します。詳しくは初めて学んだ民俗学で、庶民の生活や文化史に興味が湧き、研究を進めています。文学部 史学科3年 │ 高知・私立土佐塾高等学校出身濱田 しのぶ文学部教育人間科学部経済学部法学部経営学部国際政治経済学部総合文化政策学部理工学部社会情報学部地球社会共生学部演習(Seminar)の詳細はP.53へ●特別演習 ●特別演習(卒業論文)●博物館展示論 ●博物館情報・メディア論 ●博物館教育論 ●自然地理学概論 ●地誌学 ●法律学 ●政治学 ●博物館実習 Ⅰ ・ Ⅱ ●人文地理学概論 Ⅰ ・ Ⅱ  ●テクスト論 Ⅰ ・ Ⅱ ●キリスト教文学 Ⅰ ・ Ⅱ ●比較文学 Ⅰ ・ Ⅱ ●映像文化論 Ⅰ ・ Ⅱ ●放送ジャーナリズム Ⅰ ・ Ⅱ ●認知言語学 Ⅰ ・ Ⅱ ●心理言語学 Ⅰ ・ Ⅱ など●日本史史料講読 Ⅰ A・ Ⅰ B ●日本史史料講読 Ⅱ A・ Ⅱ B ●日本史特講(1)~(13) ●古文書学 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本史演習A(1)・(2)~E(1)・(2)●史料・文献講読 Ⅰ ~ Ⅳ ●東洋史特講(1)~(9) ●東洋史演習A(1)・(2)~C(1)・(2)●史料・文献講読 Ⅰ ~ Ⅳ ●西洋史特講(1)~(11) ●西洋史演習A(1)・(2)~E(1)・(2)●史料・文献講読 Ⅰ ~ Ⅳ ●考古学実習 Ⅰ A・ Ⅰ B ●考古学実習 Ⅱ A・ Ⅱ B ●考古学特講(1)~(7) ●考古学演習A(1)・(2)~B(1)・(2)47

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る