青山学院大学 大学案内2018
49/164

心理学科Department of Psychology教育人間科学部基本をしっかり修得し、興味ある応用分野へ。サイエンスとして学ぶ醍醐味を実感しています。人と人とのコミュニケーションは、日常生活を営む上で欠かせないものです。私は、その基本を深く学べるのが本学科だと考えました。臨床心理学など応用分野は1年次からすぐには履修できませんが、まずは概論で心理学という学問の全体像や基本知識をしっかり段階的に把握できたので、今振り返ると、専門知識、応用分野の理解に有効だったと思います。現在ゼミでは、興味ある先行研究を紹介し合い、ディスカッションを深めるとともに、各自の卒業研究用に作った質問紙に回答し合い、改善すべき箇所を指摘し合っています。調査・研究を進める際に、科学である心理学では統計学や数学的知識を駆使します。その分、困難もありますが、これらを使いこなすうちに、自分の探究範囲が広がっていくうれしさを実感しています。子どもから高齢者まで、それぞれの年代が今の社会の中で生きていく上で生じている困難さについて考え、現代社会のもつ課題に対し、心理学が何をどのように担えるかという支援の視点から研究に取り組んでいます。発達心理学、発達臨床心理学教育人間科学部 心理学科3年茨城県立竹園高等学校出身山根律子 教授教育人間科学部心理学科47

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る