青山学院大学 大学案内2019
48/164

さまざまな時代や地域の真理に迫り、歴史から未来を切り拓く知恵と洞察力を培います。1年次史学科Department of History2年次文学部世界諸地域の歴史全般についての概説を学びます。史学の基礎と学び方を身につけます。2年次に4つの専門コースに分かれて学び、「特講」や「基礎演習」で、専門への基礎を固めます。必修科目●日本史概説 ●東洋史概説 ●西洋史概説 ●考古学概説 ●史学入門 ●史学概論 ●基礎演習A・B選択科目選択必修科目●博物館概論 ●博物館経営論 ●博物館資料論 ●博物館資料保存論  ●史学特講A(1)~(11) ●史学特講B(1)~(15)外国語科目●英語講読 Ⅰ ・ Ⅱ ●オーラル・イングリッシュ Ⅰ A・ Ⅰ B ●オーラル・イングリッシュ Ⅱ A・ Ⅱ B ●英作文文学部共通科目●芸術文化論 Ⅰ ・ Ⅱ ●文化財科学 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本の思想 Ⅰ ・ Ⅱ ●東洋の思想 Ⅰ ・ Ⅱ ●現代思想 Ⅰ ・ Ⅱ 日本史コース年代別に、古代史・中世史・近世史・近代史・現代史を学習していきます。東洋史コース中国・東南アジア・南アジア・西アジアなど、東洋の各地域・時代の歴史を学びます。西洋史コース古典古代・西欧中世・西欧近現代・中東欧近現代・南北アメリカ大陸の歴史を学びます。考古学コース日本・アジア・中近東の古代~中・近世まで学びます。実際に発掘調査~報告書作成も行います。※太字の科目は必修科目です。※選択したコース以外の科目の履修も可能です。Pick Up!考古学は、発掘されたモノ(遺跡・遺構・遺物)から人類の歴史を復元する学問です。これら黙して語らぬモノを資料化するために、遺跡の地形測量・遺物の観察と実測・写真撮影・図版作成などの正確な技術を、実践を通して身につけます。また培った技術を発揮する遺跡発掘調査に参加することもあります。2017年度は、秋田県横手市一本杉遺跡で行われ、建物群を囲う中世の堀を移植ゴテ(掘る道具)や鋤簾(じょれん)(土をかき寄せる道具)などの道具を使用し、土の違いを見分けながら発掘していきました。考古学実習 Ⅰ ・ ⅡI Shall Return Projectフィリピンのレイテ島にある「住血センター」に保管されていた感染症関連の資料を修復するプロジェクトです。感染症の歴史学を専門とする本学科の飯島渉教授の提案によってスタートし、史学科の学生が中心となって本学内の考古学資料室内で作業を進めています。2013年の巨大台風によって被災した貴重な資料の修復作業は、カビ除去・ホコリ除去・水抜き・乾燥の4段階からなり、これらの作業を終えた資料を再製本してレイテ島に返還することを最終的な目標としています。考古学コース2・3年次必修のフィールドワーク被災した歴史的資料の修復を行う46

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る