青山学院大学 大学案内2019
47/164

現代を生きる私たちの今の視点から、さらにはグローバルな舞台において意義ある存在としての「日本文学と日本語」を学ぶことが、本学科のコンセプトです。3年次からは、「日本文学コース」と「日本語・日本語教育コース」に分かれ、それぞれが興味のある分野を専門的に学びます。「日本文学コース」では、上代から現代までを網羅し、古来、日本文学と非常につながりの深い中国古典文学も扱います。また、国外からの視点により、日本文学の独自性と普遍性を追求する科目や、映画やマンガなどを探究するユニークな科目も開講しています。一方、「日本語・日本語教育コース」には、古代語から現代の流行語まで幅広く研究する分野と、グローバル化社会の要請に応え、日本語を母国語としない人々を指導するための専門教育を行う分野があります。※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。めざすべき人物像日本語への学びを通して幅広い教養と精深な学識を確かな基盤とし、自らあるいは他者と協働して積極的に社会に貢献できる人材。Student’s Voice3年次4年次●表象文化論 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本文学特講 Ⅰ ・ Ⅱ ●中国古典文学特講 Ⅰ ・ Ⅱ ●中国文学・思想特講 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本語学特講 Ⅰ ・ Ⅱ ●文学交流特講A・B ●日本文学とアメリカ・ヨーロッパ ●日本文学とアジア ●日本文学演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●中国古典文学演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●中国文学・思想演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●文学交流演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●翻訳演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本語学演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本語教育特講 Ⅰ ・ Ⅱ  ●日本語教育演習A Ⅰ*・ Ⅱ* ●日本語教育演習B Ⅰ ・ Ⅱ ●日本語教育実習 Ⅰ ・ Ⅱ「日本語を通して日本文化を世界に発信すること」に関心をもっていたので、日本語教育学に関して手厚い指導を受けられる本学科を選びました。より深く学ぶため、留学生の生活や日本語のサポートをするボランティアを務める中で、日本語の学び方は教室だけに留まらず、アニメや映画からも修得できることを目の当たりにします。そのことがきっかけで履修した「日本語教育演習A」では、「日本語教科書と日本語歌詞」のテーマに取り組みました。本学科での学びや体験を通して、日本に定住する外国人労働者の問題に興味を抱き、将来は労働環境や生活環境を改善できるような仕事に就きたいと思っています。青学授業要覧※各学科の専門科目に、青山スタンダード科目、自由選択科目を合わせて卒業に必要な単位を修得します。詳しくは日本語教育の学びを深めるうちに、日本語を母語としない人々の視点が理解できました。文学部 日本文学科3年 │ 東京都立井草高等学校出身朝山 麻衣子文学部教育人間科学部経済学部法学部経営学部国際政治経済学部総合文化政策学部理工学部社会情報学部地球社会共生学部●テクスト論 Ⅰ ・ Ⅱ ●キリスト教文学 Ⅰ ・ Ⅱ ●比較文学 Ⅰ ・ Ⅱ ●映像文化論 Ⅰ ・ Ⅱ ●放送ジャーナリズム Ⅰ ・ Ⅱ ●認知言語学 Ⅰ ・ Ⅱ ●心理言語学 Ⅰ ・ Ⅱ など演習(Seminar)の詳細はP.52へ3年次にいずれかのコースを選び、学びたい分野の演習を中心に進みます。少人数のゼミナールで学ぶことで、探求をより深めていきます。専門科目への学びを深めます。さらに、学生生活の集大成である卒業論文にも取り組みます。●特別演習 ●特別演習(卒業論文)●特別演習 ●特別演習(卒業論文)日本語・日本語教育コース日本文学コース上代・古代・中世・近代・現代・中国の文学・思想を扱う「日本文学」、文学による外国との交流を学ぶ「文学交流」、映画・アニメなど文字以外のメディアにも注目する「表象文化論」の3つの分野があります。日本語そのものについて学ぶ「日本語学」と、日本語を母語としない人々に対する日本語の(音韻、語彙、意味、文法、文体、方言、歴史など)指導方法の在り方を学ぶ「日本語教育」の2つの分野があります。45

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る