青山学院大学 大学案内2019
44/164

細かいクラス編成で実践的に学ぶフランス語を通して、フランスの文学・文化・思想への探究心を養います。1年次フランス文学科Department of French Language and Literature2年次●フランス語文法 Ⅰ ・ Ⅱ ●フランス語文法演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●フランス語講読 Ⅰ ・ Ⅱ ●フランス語会話 Ⅰ ・ Ⅱ●フランスの文化と社会 Ⅰ ・ Ⅱ フランスおよびフランス語圏の地理、歴史、社会、文化を大局的に把握し、2年次以降の学習の土台となる知識を修得する授業です。言語、政治、教育、美術の“今”とその歴史的背景を学ぶほか、移民問題やセクシャル・マイノリティーへの対応といった今日的な課題、日仏の文化的影響関係などについてもふれます。フランスの文化と社会 Ⅰ ・ Ⅱフランス語科目専門科目●フランス語精読 Ⅰ ・ Ⅱ  ●フランス語速読 Ⅰ ・ Ⅱ  ●エクスプレシオン・エクリット Ⅰ ・ Ⅱ  ●エクスプレシオン・オラル Ⅰ ・ Ⅱ フランシュ・コンテ大学応用言語学センター(CLA)、パリ第三大学 などすべての授業で独自教材を使用文学部共通科目●芸術文化論 Ⅰ ・ Ⅱ ●文化財科学 Ⅰ ・ Ⅱ ●日本の思想 Ⅰ ・ Ⅱ ●東洋の思想 Ⅰ ・ Ⅱ ●現代思想 Ⅰ ・ Ⅱ 文学部少人数クラスで、フランス語の基礎能力(文法、講読、会話など)を集中的に育成します。フランス語を読み、書き、聞き、話す力をさらに伸ばします。興味ある分野の演習や特講をいくつか履修し、専門的な学習をスタートさせます。文学分野中世から現代に至るさまざまな時代の文学的・思想的作品を取り上げ、それらが提起する諸問題に多角的にアプローチしながら「人間とは何か」を問うていきます。語学分野個別言語としてのフランス語の特殊性を、歴史的ないし共時的視点から、また音声学や意味論などの研究成果をふまえて明らかにします。文化分野映画、演劇、美術、音楽など、多様な文化的営為を切り口として、時として比較文化的な視点を導入しながら、フランス語圏の社会や文化の諸問題を考察します。※太字の科目は必修科目です。Pick Up!2年次に必修の「フランス語速読 Ⅰ ・ Ⅱ 」は、15行から25行程度の文章読解に辞書なしでチャレンジする本学科の特徴的な授業です。すでに習得した語彙や文法知識をもとにして、文章全体のメッセージを大まかに把握することが目標です。「速読」した文章は、授業後にもう一度、今度は辞書を引きながら丹念に読み直すことが課題として求められます。「大変だけどやりがいがある」と学生からも評判の授業です。フランス語速読 Ⅰ ・ Ⅱフランス文学特講 Ⅰ ・ Ⅱ 、フランス語学特講 Ⅰ ・ Ⅱ 、フランス文化特講 Ⅰ ・ Ⅱ2年次から4年次までの学生が入り交じって受講する「特講」は、合計すると例年10以上の授業が開講されており、その担当者の多くは一線で活躍する学外の研究者です。「文学特講」なら各時代の作家や興味深い主題について、「語学特講」なら意味論や統辞論などについて、また「文化特講」なら美術や映画や服装などについて、それぞれの専門家が最先端の学術的成果をふまえながら熱意をもって講義を進めます。フランス語の文章の大意をつかむ最先端の学術的成果にふれる協定校留学42

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る