青山学院大学 大学案内2017
41/164

Concept芸術が放つ真の豊かさ、美しさに自らの五感を駆使して向き合い、国際人としての教養を身につけよう。古典重視・鑑賞教育・比較学習̶。本学科は、このキーワードのもと、長い年月によって磨かれ“古典”と称される美術・音楽・演劇映像の右記3領域を探究。各領域の本物を実際に“鑑賞”し、領域相互に“比較”する本学科ならではの学びを展開しています。本学が所蔵する貴重なビジュアル資料や映像、音源などを用いるほか、青山キャンパスの地の利を活かして美術館・コンサート・劇場などで“本物の芸術”を自らの五感を総動員して味わいます。感性の瑞々しい学生時代に芸術の普遍的な価値や古典が放つ真価にふれる経験は、実学教育からだけでは得られない教養やグローバルな視野をもつ真の国際人としての資質を磨くことにつながります。芸術を生み出す“人間とは?”に迫り、自らのアイデンティティを見出すことをめざしています。1年次2年次3年次4年次比較芸術学入門A・B西洋の文芸と美術A西洋の文芸と音楽A西洋の文芸と演劇映像A日本・東洋の文芸と美術A日本・東洋の文芸と音楽A日本・東洋の文芸と演劇映像A★芸術と文学 芸術と法専門基礎科目(必修)選択必修科目詳しくは、大学Webサイトをご覧ください専門選択科目自由選択科目青山スタンダード科目選択科目外国語科目学部・学科の枠を超えた幅広い学問分野のエキスパートが、学びへの興味を喚起する全学共通教育システム比較芸術学演習 Ⅲ A(1)・(2)~ Ⅲ C(1)・(2)美学・芸術思想 Ⅰ ・ Ⅱ 西洋の宗教と芸術 Ⅰ ・ Ⅱ 日本・東洋の宗教と芸術 Ⅰ ・ Ⅱ 伝統デザイン論 Ⅰ ・ Ⅱ 博物館実習 Ⅰ (3年次)・ Ⅱ (4年次)西洋の文芸と演劇映像B 日本・東洋の文芸と演劇映像B 基礎演習 Ⅲ (1)~(3) 原書講読 Ⅲ (1)~(3) 芸術鑑賞の方法 Ⅲ(1)~(3) ★比較芸術学特講 Ⅲ (1)~(6)比較芸術学演習 Ⅱ A(1)・(2)~ Ⅱ B(1)・(2)西洋の文芸と音楽B 日本・東洋の文芸と音楽B 基礎演習 Ⅱ (1)・(2) 原書講読 Ⅱ (1)・(2)芸術鑑賞の方法 Ⅱ (1)~(3) ★比較芸術学特講 Ⅱ (1)~(6)比較芸術学演習 Ⅰ A(1)・(2)~ Ⅰ D(1)・(2)西洋の文芸と美術B 日本・東洋の文芸と美術B 基礎演習 Ⅰ (1)~(3) 原書講読 Ⅰ (1)~(3)芸術鑑賞の方法 Ⅰ (1)~(3) ★比較芸術学特講 Ⅰ (1)~(8)特別演習 特別演習(卒業論文)学科科目・青山スタンダード科目・外国語選択科目(必要単位以上の履修)、および文学部共通科目、文学部他学科、並びに他学部開講科目を自由に選択して学べます英語講読 Ⅰ 英作文英語講読 Ⅱ外国語 Ⅰ演劇映像領域演劇映像領域音楽領域音楽領域美術領域美術領域西洋美術、日本・東洋美術を対象とし、2年次に「基礎演習」3・4年次に「演習」を中心に学んでいきます。日本の古典芸能、西洋演劇、映像・映画を対象とし、2年次に「基礎演習」3・4年次に「演習」を中心に学んでいきます。西洋音楽、日本・東洋音楽を対象とし、2年次に「基礎演習」3・4年次に「演習」を中心に学んでいきます。美術領域美術領域演劇映像領域演劇映像領域音楽領域音楽領域Curriculum Image※太字の科目は必修科目、★は次ページで紹介※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。39文学部比較芸術学科

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です