青山学院大学 大学案内2018
40/164

大好きな美術の探究。音楽、演劇との出合い。芸術との関わりが、私を創り上げてくれました。美術史への関心から本学科に入学した私ですが、それまで知らなかった音楽や演劇映像を1年次に学んだことで、芸術表現に対する視野が広がりました。現在ゼミの研究では、18世紀イギリスの画家ジョシュア・レノルズが描いた俳優の肖像画から、当時の美術と演劇の関係を探っています。都心という地の利から展覧会や演奏会、舞台などに足を運ぶ機会も増えました。このような生の感動を味わう体験は、私の自己形成に大きく寄与しています。また、その感動を言語化し聞き手に共感、納得してもらう発表技術は社会でも役に立つと思います。広く深く芸術を学ぶ中で、芸術とテクストは不可分であり、活字を読むことが想像力の源だとも実感しました。将来は“本”がもつ可能性や魅力を伝える仕事をめざしています。比較芸術学科Department of Comparative Artsロンドン・ナショナル・ギャラリーの所蔵品は質が高く、時代・地域の偏りも少ないため、美術館研究のモデルケースとして最適です。この美術館と作品を通して、14~20世紀初頭までの西洋絵画を多方向(流派、様式、主題、技法、流行、作品の機能、美術館の功罪など)から考察しています。ロンドン・ナショナル・ギャラリーの研究文学部 比較芸術学科3年群馬県立高崎女子高等学校出身高橋達史 教授文学部38

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る