青山学院大学 大学案内2017
31/164

文学部フランス文学科Department of French Language and Literature海外各国の人たちを相手に働くために。ふたつめの外国語の習得と国際理解や視野拡大に努めています。本学科へ進んだのは、英語とフランス語を話し海外で働いていた経験をもつ母への憧れから。私自身は本学科で初めてフランス語にふれたのですが、基礎や知識は日本人の先生から、会話や発音、作文など実践面はネイティブの先生から段階を踏んで学ぶことができ、確かな基礎を築けました。さらに、フランス語の「副詞」のみに着目するといった専門研究にも特講で取り組みました。現在は、興味をもっている経済分野を扱うゼミで、日仏の貿易関係を研究中。専門知識はもちろん、フランス語圏には一国内に母語が複数存在する国があると知り、国際理解も深まります。研究方法に対する先生の助言から多角的にものを見る力もつきました。めざす貿易関連の仕事に就けるよう、語学のスキルアップと貿易論などの学習にも励む毎日です。文学部 フランス文学科3年東京都立晴海総合高等学校出身神野友理francophonie(フランス語圏)のさまざまなトピックをグループごとに1年かけて研究します。フランス語圏の一国を選び、経済、歴史、地理、文化などの側面から多角的に探究するとともに、具体的な課題に取り組む過程を通じて、調査、考察、発表などの研究技術も身につけます。Adami, S. 准教授フランコフォニー フランス語圏の文化・社会29文学部フランス文学科

元のページ 

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です