青山学院大学 大学案内2019
31/164

AGUAGUCROSSCROSSLEARNINGLEARNING024年間のステップアップ理工学部 機械創造工学科4年静岡・私立静岡雙葉高等学校出身望月爽乃内定先 全日本空輸株式会社(技術)宇宙に興味を抱き、関連する機器を作ってカタチに残したいという夢の実現をめざし、機械創造工学科を志望しました。1年次の「ものづくり実習」では、製作の楽しさを体験し、選ぶ学科を間違えていなかったと確信したほどです。当時は大学院へ進学し、メーカーへ就職するという将来像しか描いていませんでしたが、本当に進みたいのは航空業界だと気づくきっかけがありました。部活動で航空部に所属し、グライダーの操縦、整備を行っていましたが、肺炎で整備を欠席した時に心から「私は整備が好き、これを仕事にできたら最高!」と思ったのです。それは学びの中で、得手不得手を発見し、自然と自分に合う業種が見えたからだと実感しています。自分に合った学部に進学できたことで、将来の進路設定の基盤を作れました。成長の足跡4年次1年次内定2年次得意な科目ができ、研究にもつながった部活動を運営するおもしろさを知ったことで、内定先では整備だけでなく、総合職の魅力にも気づけました。アウトプットの機会をもらった英語の授業ネイティブの先生のもと、英語でプレゼンテーションを行ったり、お昼休みに英語で会話をする機会をいただきました。英語の勉強をするモチベーションにもつながり、また、英語を話すことへの苦手意識も少し払拭できたと思います。3年次航空部の活動で養われた責任感機械工学の基本である4力学(材料力学・熱力学・流体力学・機械力学)を学ぶことで自分の方向性が見えました。目に見えるもの、ふれるもののほうがイメージしやすいので私は材料力学が好きでした。得意な専門科目ができるのはうれしいことです。4年次企業と共同で研究に取り組む材料系の測定方法の開発という分野を研究中です。研究や開発の難しさ、結果はすぐには出ないことを知りました。より一層責任感をもちつつ、楽しむ気持ちと学びを忘れずに、今以上の航空の安全を世界に広げたいです。29

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る