青山学院大学 大学案内2017
21/164

文学部文学部■ 英米文学科PESE(Program for Extensive Studies in English)より学際的に、専門6コースを超えて英語で学ぶ授業の拡充をめざして、2017年度からPESE(ピース)を導入。幅広い分野を英語を使って学びます。通訳・翻訳プログラム(Interpreting and Translation Program)さらに、2017年度から実務経験豊かな現役プロを含む教授陣がスペシャリストとしての通訳・翻訳能力をトータルに育成するプログラムも導入します。■ フランス文学科初めてでも、フランス語がしっかり身につく少人数教育1・2年次のうちに文法、文法演習、講読、会話、精読、速読、発音・イントネーションなどを日本人教員およびネイティブ教員が丁寧に指導し、徹底的にフランス語の基礎を習得します。“読み”重視の「英語集中」、自学主体の「英語総合」世界に通用するビジネスパーソンの育成をめざして「英語集中」では、1クラス15名程度の少人数で主体的に学びます。語学力の基本(語彙、文法、構文など)が集約されている読解力の向上に重点を置いて習得します。また、「英語総合」では、e-Learning教材を使い、進行表に沿ってオンラインで一人ひとりが課題(大量ドリル)に取り組みます。自学自習を通して、受け身ではなく自立・自律的な学習姿勢も養います。外国法〔英米法・政治文献講読(英語)、フランス法・政治文献講読(フランス語)、ドイツ法・政治文献講読(ドイツ語)、中国法・政治文献講読(中国語)〕英語による専門科目:グローバルビジネス科目も充実「International Business English」「Globalization and Emerging Countries」「Effective Negotiation」「Market and Business Environment」 など。各言語で書かれた専門文献で学びます。ビジネスの現場で活きる実践英語教育経済学部共通科目「英語資格試験準備講座A(TOEFL©)・B(TOEIC©)」「ビジネス・コミュニケーション」、現代経済デザイン学科科目「Presentation & Debate」など、英語をより魅力的に使う術を学ぶ授業を設けています。経済学部経済学部法学部法学部J-BINGOが2015年度からスタート国際機関で働くためのキャリアパス・プログラム(Japan Bridge for International Governmental Organization in AGU)を開講します。社会情報学部社会情報学部地球社会共生学部地球社会共生学部経営学部経営学部それぞれの専門分野に即して学ぶ“外国語”だから、身につき、役に立つ。外国語で聞き、書き、学ぶ講義。外国語で考え、発言する授業など、多彩です。P.28P.28P.79P.79総合文化政策学部総合文化政策学部国際政治経済学部国際政治経済学部オーラル・コミュニケーション重視の外国語科目P.119P.119広く国際社会を学習・研究の対象とする本学部では、まず、1・2年次を中心に外国語科目の「英語」授業で、発表や交渉の場での実力を養うオーラル・コミュニケーションを重視し、能力別少人数クラスで学びます。英語主で学ぶGlobal Studies Program(GSP)専門科目を英語で学びたいという向学欲に応えて「GSP」(英語による講義60科目)を開講しています。英語を通して各学科やコースの専門知識を深め、考察、議論することで英語力+専門力+コミュニケーション力を高めます。ACEプログラム(Aoyama Communicative English)1年次に学ぶ本学部独自の実践的な英語プログラム(外国語科目)です。会話と文法の2科目があり、授業はすべてネイティブ教員が担当します。「英語による日本理解」ACEプログラムの発展形として学ぶ中級授業で、日本の文化を世界に向け英語で発信できるよう、英語力+プレゼンテーション力を磨きます。「英語による日本研究」さらに学びを深める専門・応用編授業。ネイティブ教員がEnglish Onlyで講義します。日本の文化について、英語による研究に取り組みます。○「Active Speaking Skills A, B」…国際学会での発表を想定したプレゼンテーション技法を身につけます。○「Advanced Skills A, B」…論文の書き方、ディベートといった英語によるアカデミックスキルを養います。研究や実務での学術的、専門的能力を効果的に身につけます。○「English Comprehension A, B」…英語の理解力を総合的に伸ばすテーマ別授業です。○「English for Engineers A, B」…理工学分野に特化した英語を学び、企業や先端技術の動向に関する知識を身につけます。技術翻訳の実務経験者などが担当します。「English Core」世界で活躍する技術者・科学者の育成をめざして 全6学科共通の習熟度別カリキュラム基礎力の徹底強化をめざして、英語4技能「読む・書く・聞く・話す」をトータルにとらえて展開する学部独自に開発した授業を週2回設けています。「Study Abroad」アメリカとタイの大学で、各々2週間行う研修です。英語学習、現地学生との交流などを通して英語を実践的に使い、世界に通じる科学者をめざします。専門能力を伸ばす多彩な英語科目を開設理工学部理工学部必須の半期海外留学で、専門科目も英語で学ぶ東南アジア諸国への半期留学(必須)では、専門科目も英語で履修します。アジアやアフリカ諸国をはじめ、世界で活躍できるグローバル人材に求められる専門的知識に加えて、英語力を含め、多様な人々とのコミュニケーション力を身につけます。英語の4技能をバランスよく伸ばす、ネイティブの講師による少人数クラスでの徹底指導入学直後から、留学に必要とされる英語レベルに引き上げるための少人数クラスによる徹底した集中的指導が行われます。Speaking・Listening・Reading・Writingの4技能をバランスよく伸ばすとともに、留学先で行うフィールドスタディー(調査)に必要な英文レターの作成練習など、実践的英語力を伸ばします。19

元のページ 

page 21

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です