青山学院大学 大学案内2018
143/164

教室のほかボランティアセンター、コンビニエンスストア、購買会などが入る1号館は、1926年に建てられた伝統と風格ある校舎です。113131415151718212223241号館1931年に神学部校舎として建造されました。外壁の繊細なレリーフが往時をしのばせます。2008年に国登録有形文化財に登録されました。ベリーホール(法人本部)チャールズ・オスカー・ミラー記念礼拝堂設置されている1932年ドイツ・ヴァルカー社製のパイプオルガンは、現役で用いられているものとしては日本最古のものとされています。14号館 ジョン・ウェスレー像メソジスト派の創始者であるジョン・ウェスレーのブロンズ像は、本学がウェスレーの信仰を継承していることを示すために、1988年に建立されました。莫大な私財を献げて初期の青山学院を支えた牧師ジョン・F・ガウチャーを記念して、2001年に建てられました。15号館(ガウチャー・メモリアル・ホール)ガウチャー・メモリアル・ホールの1・2階には礼拝堂があり、美しいチャイムと荘厳なパイプオルガンの響きと共に、授業期間中、毎日礼拝が行われています。15号館 ガウチャー記念礼拝堂17号館地上6階の低層棟と地上12階の高層棟からなるツインタワー校舎です。6階の本多記念国際会議場は、同時通訳ブース(4ヵ国語対応)を備えています。青山学院記念館(大学体育館)クリスマス・ツリー創立90周年記念事業として1964年に竣工し、入学式、学位授与式(卒業式)などの行事にも使用されています。クリスマスの4週間前の金曜日に、クリスマス・ツリー点火祭が行われます。点火祭以降、教会暦(降誕節)に従い、1月初めまで点灯しています。銀杏並木青山キャンパスの銀杏並木は夏は緑のトンネル、初冬は黄色い絨毯のように四季折々を彩ります。正門間島記念館コリント様式の外観をもつ本学院のシンボル的存在です。1929年に竣工、2008年に国登録有形文化財に登録されました。青山通りに面した正門は重厚な趣を呈し、開校以来、学生たちを温かく迎え入れてきました。141キャンパス紹介〈青山キャンパス〉

元のページ  ../index.html#143

このブックを見る