青山学院大学 大学案内2017
129/164

教育研究環境先進の教育環境を整え、知の社会還元をめざします。http://www.renkei.aoyama.ac.jp/http://www.hirc.aoyama.ac.jp/青山キャンパス周辺の地域やメディアと交流・協働して都市・文化の創造や番組制作など、社会的ニーズに応える事業に取り組んでいます。また「開かれた大学」を体現する組織として、行政や企業の支援を受けつつ、地域のさまざまな問題の解決などにもあたっています。■ 経済研究所(経済学部附置)■ 判例研究所(法学部附置)■ グローバル・ビジネス研究所(経営学部附置)■ 国際研究センター(国際政治経済学部附置)■ 青山コミュニティ・ラボ(総合文化政策学部附置)CATCenter for Advanced Technology“世界をリードする研究、外部に開かれた研究”を推進人文科学研究部社会科学研究部自然科学研究部領域別研究部門キリスト教文化研究部課題別研究部総合文化研究部門異なる専門分野の研究者がコラボレーションし、“学際的”な先端研究を展開。産学官共同研究に参画するなど、国内外の大学および研究機関との交流を進めています。青山■ 先端技術研究開発センター・CAT(理工学部附置)■ 機器分析センター(理工学部附置)■ 社会情報学研究センター(社会情報学部附置)■ リエゾン・ラボ(社会情報学部附置) ○ 生涯学習ラボ ○ 地域連携ラボ相模原学部附置教育研究施設青山相模原社会連携機構青山総合研究所青山http://www.jripec.aoyama.ac.jp/国際交流基金との連携によって2008年に設立された本センターは、国際交流を中心に、これまで平和構築の文化的側面、日韓グローバル化のための女性力の活用、多文化共生、そしてスポーツ外交など多くのプロジェクトを実施し、毎年国際シンポジウムを開催しています。さまざまな報告書のほかに紀要「Peace and Culture」を出しています。国際社会や産官学との積極的な連携を通じて、真の“学びのプロ”となる『組織学習による知的創造環境(仕組み)のデザイナ、プロデューサ』を育てます。http://www.ri.aoyama.ac.jp/http://www.wto.aoyama.ac.jp/現実と理論の融合をめざし、自由貿易体制の下で生じる諸問題を、産・官・学の視点で学生も参加のセミナー等を開催。グローバル人財育成のための講義科目も開設しています。http://www.aic.aoyama.ac.jp/日本の高等教育の世界展開力の強化、アジアにおけるグローバル人材の育成、高度人材受け入れ拡大の貢献が目的。国際シンポジウムなどの学術文化交流を推進しています。(2016年3月現在)7つの学部で、社会の発展に寄与すべく、最先端の教育、研究を多彩に展開しています。社学連携研究センター(SACRE)ヒューマン・イノベーション研究センター(HiRC)WTO研究センター(WRC/AGU)アジア国際センター(AIC)国際交流共同研究センター(JRIPEC)国際研究センター青山コミュニティ・ラボ(ACL)先端技術研究開発センター・CAT機器分析センター大学院・専門職大学院/教育研究環境127

元のページ 

page 129

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です