青山学院大学 大学案内2017
125/164

ASEAN諸国への《半期留学プログラム(支援金付)》を開設しています !□ASEAN諸国協定校特別派遣・受入プログラム経済の発展、成長著しいタイ、マレーシア等のASEAN(東南アジア諸国連合)諸国にある協定校に、半期派遣する支援金付の留学プログラムを開設しています。ASEAN諸国と本学との架け橋になる意欲的な学生を対象とし、年度後期(8月~12月)の半期間、派遣します。(募集人数:5名程度)往復渡航費、宿舎経費を本学が負担。特別支援内容□ベトナム:ホーチミン市人文社会科学大学□タイ:チュラロンコン大学、カセサート大学、タマサート大学□マレーシア:マラヤ大学派遣先対象協定校(2016年度募集実績)※派遣先対象協定校は年度毎に変わる場合があります。国際交流センター主催の着物体験イベントに参加留学期間:3年次(2014年8月)~4年次(2015年5月)留学先:サンディエゴ州立大学(アメリカ・カリフォルニア州)ひとつの学問が、人生を変えるほどの影響力をもつとは思ってもいませんでした。「現地に足を運ばないと本当のことはわからない」と感じた中学時代の留学経験と、アメリカの大学に進学した友人の話に触発されて留学を決意。観光学や地理学、経営学、映画学など幅広く学ぶ中で、人生が変わったといっても過言ではない『Food Of Geography』という学問に出合いました。アメリカの環境問題や貧困・格差などを食料の視点から分析する社会学的な授業です。実際に生鮮食品が届かない“食の砂漠”地域を訪問し、住民の意見に耳を傾けるうちに私の心に強い思いが芽生えました。このような地域や買い物弱者を世界から減らす手助けがしたい! 卒業後は留学生活で培った「交渉力と挑戦する気持ち」を携えて、ビジネスの力で問題解決に貢献したいと思います。経済学部 経済学科4年東京・私立玉川学園高等部出身清 友規子協定校留学(派遣交換留学)レポートJAPAN U.S.A.無人島で登山をしたバックパッキングの授業来日して日本の伝統的文化を知りたくて始めた剣道は二段の腕前ヨセミテ国立公園でキャンプヨセミテ国立公園でキンプキンプ園でキ在籍期間:2014年4月~2018年3月(予定)出身国:中華人民共和国家族の大切さを実感しながら、自ら学ぶ姿勢、探究する喜びがつかめてきました。日本のアニメやドラマを通じて日本文化に興味をもち、日本語やマナー、考え方などを学びたいと思い、高校卒業後に来日しました。日本語学校で2年間学び、進路担当の先生に本学を勧められて入学。大学で日本人と互角に学ぶ力をつけるためには、人一倍努力するしかないと考え、予習復習に3~4時間かけています。その成果として、学部学科で2、3名しか受賞できない「青山学院大学 学業奨励賞」をいただき、先生や友人が温かい声をかけてくれたことがうれしかったです。将来は両親と同じ銀行員を志しています。そのために、会計、ファイナンス、統計学を中心に履修し、ゼミではコーディングを勉強。現在、学んでいることは今後、必ず仕事の役に立つと思います。日本で銀行員になり、日中の架け橋になれたら光栄です。海外からの留学生レポート私費留学生CHINA JAPANゴ チョウチョウ経営学部 経営学科2年伍 張昶留学・国際交流123

元のページ 

page 125

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です