青山学院大学 大学案内2017
124/164

青山・相模原の両キャンパスにあり、留学(派遣・受入など)に関する各種支援と、キャンパス内で留学生と本学の学生とが楽しく交流できる場づくりなど、さまざまなサポートを行っています。青山キャンパス英語:月~金、1日5セッション(1セッション40分)中国語:月・火、韓国語:水・木、その他言語:随時お知らせします。相模原キャンパス英語:月~金、1日1セッション(1セッション35分)IELTS特別会場試験実施本学在学生を対象としたIELTS本試験を、年に数回、学内で実施し、留学をサポートしています。毎年青山キャンパスで開催している留学フェアでは、アジア、北米、ヨーロッパの各協定校ブースを設置し、留学経験者、日本に来ている留学生や国際交流センタースタッフが、個別相談にて皆さんの質問にお答えします。また、外部留学機関ブースや各種留学セミナーもありますので、少しでも留学に興味のある方はお気軽にご参加ください。豊富な指導経験をもつ講師による、IELTS試験対策講座。留学準備《英語対策》に最適 ! IELTS(アイエルツ)は、英語圏または英語で学ぶコースをもつ海外大学(院)留学に認められた、英語力証明試験のひとつです。協定校留学の出願資格を取得できるよう、課外で対策講座(有料)を開講しています。IELTS試験対策の指導経験豊富な講師が担当します。グローバルな舞台で就業経験できる、海外ビジネスインターンシップ。海外でビジネスの現場を体験 !フレンドリーな雰囲気で留学生と会話しながら、気軽に外国語で交流できる場を設けています。キャンパス内で国際交流 !留学のことを気軽に相談できる「留学フェア」。一人ひとりのさまざまな質問にお答えします。留学についてなんでも相談しよう !2015年度より夏期・春期休暇に4~5週間の日程でアメリカ、オーストラリアでの海外ビジネスインターンシップを実施しています。海外での就業経験を通じて実践的な英語力を磨き、積極性や仕事に対する責任感、キャリア意識を身につけ、グローバルな舞台で活躍する人材育成を目的としたプログラムです。アメリカでのインターンシップ先は一般企業等、滞在先は民間寮になります。オーストラリアは一般企業、観光関連企業等、複数の分野から選択し、オーストラリア人家庭にホームステイします。本プログラムは単位認定の対象となるほか、参加学生には国際交流センターから奨励金が支給される場合もあります。キャンパスと世界を結ぶ 国際交流センターhttp://web.iec.aoyama.ac.jp/留学先ではどのようなことが学べますか?留学・国際交流 Q&AQ留学先の大学によってさまざまなカリキュラムが設定されています。交換留学生は基本的に“Non-Degree Student”や“Visiting Student”など学位取得を目的としない学生に区分され、特定の学部に属さないことが多く、本学で在籍している学部に関する科目以外でも履修は可能です。ただし、履修登録の優先権が学位取得をめざす在学生に与えられていたり、交換留学生が履修できない科目もあるため、柔軟性が必要です。どの大学で何を学びたいのかを明確にし、「こんなはずでは」という留学にしないためにも、留学先は知名度だけではなく、綿密な下調べをして自分に合った大学を選ぶことが重要です。AQA留学費用としてどの程度の資金が必要ですか?留学先や個人の生活スタイルによって異なりますが、約1年間の滞在に必要な資金は派遣交換留学(英語圏)において約200~250万円となります(授業料免除の場合)。その中には、留学先での宿舎費、食費、教材費の他、保険料(留学先および本学指定)、往復航空券代等が含まれます。ただし、留学地域や留学先での滞在方法(寮、アパート)、長期休暇の過ごし方などによっても増減しますので、目安と考えてください。□青山学院チャットルーム青山学院大学に在籍する留学生が担当する「チャットリーダー」と、外国語(英語・中国語・韓国語等)によるコミュニケーションを通じて、楽しみながら国際交流ができます。月に1回程度、各国の文化や習慣を紹介するイベントを開催しています。留学・国際交流122

元のページ 

page 124

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です