青山学院大学 大学案内2019
122/164

激動する世界の中で、共に助け合い、共に発展できる世界を創造するためには、国境を超えた課題に取り組んでいかなければなりません。これまで私たちは、地球上のさまざまな問題を考える時、“国と国”の関係を重視した「国際社会」を基盤としてきました。しかし、頻発する紛争や人道危機、飢餓や貧困、あるいは温暖化などの環境問題や自然による大災害など、今や、国・地域を超えて解決すべきGlobalIssuesが山積しています。そのような痛みを民族や国家、価値観などの違いを超えて共有し、互いに助け合うには、“人と人”が直接結びつく社会、すなわち「地球社会」を構想し、誰もが対等な立場で未来を構築していく必要があります。その上で、持続的に発展していくには、競い合うだけでなく共に助け合う“共生マインド”が重要です。本学部では、世界中の人々と共に生きるための専門知と実行力を備えた人材の育成をめざしています。専門4領域を中心に学ぶとともに、東南アジアへの半期海外留学を体験し、グローバルな視点からの問題解決力を培った、真の地球市民へと育て上げます。学部長からのメッセージ平澤典男 教授Global Issuesを解決する力を養い、共に学び、共に生き、共に世界を創りましょう。地球社会共生学部School of Global Studies and Collaboration(GSC)地球社会共生学科企業活動は規模を問わず国を超え、NGO、NPO活動が広がり、ICT技術の発展はネットを介して文化現象を瞬時に世界中に広めながら、これからの30年で世界は「アジアの時代」に向かうと予測されています。地球社会共生学部は、このような世界の変容に立ち向かえる学びを提供します。タイ、マレーシアへの留学でアジアのダイナミックな変化を体感し、差別や貧困、国際紛争といった地球規模の課題について考え、国家、文化、習慣を超えて手をつなぐ必要性を感じ取ってほしいと思います。120

元のページ  ../index.html#122

このブックを見る